ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

次世代通信 5Gネットワーク、スイス国土の90%に

5G通信アンテナ

スイス国内では5Gの悪影響を危惧する声もある

(Keystone)

スイス最大の通信会社スイスコムが、2019年末までに国内の90%を次世代通信規格「5G」ネットワークでカバーする計画を明らかにした。

スイスコムのウルス・シェッピ社長は「新しいモバイル周波帯の認可がおり次第、ネットワークを作動させる」と述べた。同社のネットワークは、スウェーデンの通信会社エリクソンと提携している。 

スイスコムは5月、サムソン、ファーウェイ製など初の5Gスマートフォンを発売する予定。

スイスではヴォー州、ヌーシャテル州の2州が、安全性に関する政府の見解が出るまで、5Gモバイルアンテナの新規建設許可を一時停止した。

5Gをめぐり、国内の意見は分かれる。経済発展に欠かせないと言う意見もあれば、アンテナから出る放射線の増加を危惧する声もある。このためアンテナ建設計画に反対する嘆願書、政治的干渉、抗議活動が起こっている。

スイスコムのライバル会社サンライズは今月、国内150市町村で5Gサービスを開始した。

5Gは、既存技術よりはるかに速い最大10ギガビット/秒のモバイル通信速度を持ち、HD動画を数秒でダウンロードできる。4Gの最大100倍以上の速さだ。

Keystone-SDA/jc

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。