Navigation

ネスレ、チョコレートの研究所を英国に移転

2009年、ブロに開業した「チョコレートセンター・オブ・エクセレンス」を視察するドリス・ロイトハルト経済相(左)とネスレ役員のペトラエア・ハイニケ氏 Keystone

スイスの食品大手ネスレはスイス西部フリブール州ブロにある研究所「チョコレートセンター・オブ・エクセレンス」を英北部ヨークに移転する。所員25人には配置転換を提示する。ブロにあるチョコレート工場の雇用に影響はない。

このコンテンツは 2018/01/19 13:46

スイス国内では一部メディアが移転計画と、移転に伴い25人はヨーク、ブロなどネスレグループ内での配置転換が提示されると報じた。ネスレ広報は18日、報道内容を認めた。移転の狙いは「グローバルな技術革新のスピードと機敏さを向上する」。昨秋に始まった大規模な事業再編の一環でもある。

ブロの研究所は2009年、2500万フラン(約28億7500万円)をかけて創設した。ネスレは代わりに欧州や中東・北アフリカのチョコレート関連事業をサポートする技術部門を置き、15人を雇用すると計画している。

ネスレは同日、14人で構成する取締役員会の体制を見直し、新たに3人の外部役員を任命する計画も明らかにした。「モノ言う株主」として知られるダン・ローブ氏が昨年6月、同社を「古いやり方に捕らわれている」と批判していた。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?