ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

連邦環境省がPR 木の大切さ知って ベルンに著名人の木像が登場

ミグロの創業者の木像

(Keystone/Peter Klaunzer)

ハイジの生みの親ヨハンナ・シュピリに歌手ポロ・ホーファー、大手スーパー・ミグロの創業者ゴットリーブ・ドゥットヴァイラー(写真)―。首都ベルン旧市街の広場に9日、スイスを代表する著名人の木像20体がお目見えした。

スイス産の木の大切さを知ってもらおうと、連邦環境省環境局が企画したキャンペーン「#Woodvetia他のサイトへ」の一環。木像はチューリヒの造形作家イニゴ・ゲイセリンクさんが手がけたもの。ユングフラウヨッホや博物館、動物園などでこれまで展示された。

木像はこの日、ベルン市内の有名なオッペンハイムの噴水のそばでポーズを決め、道行く人の注目を集めていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×