Navigation

スイス、経済の国際競争力低下も世界5位以内を堅持

国際経営開発研究所(IMD) Keystone

スイス・ローザンヌの国際経営開発研究所(IMD)が発表した経済の国際競争力ランキング他のサイトへで、スイスは前年からランクを三つ落として5位に甘んじたが、トップ5入りは堅持した。首位は前年3位の米国だった。

このコンテンツは 2018/05/24 13:19
SDA-ATS/jc

日本は前年よりランクを一つ上げ、25位だった。

IMDは、スイスの順位が下がったのは輸出が振るわなかったためと指摘。研究所、開発拠点などの国外移転もリスクの一つに挙げている。

外部リンクへ移動

>>フラン高がスイス企業に与えた影響とは?

一方、米国が首位に返り咲いたのは、同国の景気動向とインフラ面が要因だとしている。

ランキングは1989年から毎年、IMDが発表している。今年は63カ国を258種類の指標でランク分けした。指標の大半は雇用や輸出入統計に関連したもので、世論調査の結果も考慮した。

今年のランキングは1位が米国、2位が香港、3位がシンガポール、4位がオランダ、5位がスイスだった。最下位の63位はベネズエラ、62位がモンゴル、61位がクロアチア、60位がブラジル、59位がウクライナだった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。