新型コロナ対策タスクフォース、スイス政府立ち上げ

スイス政府が科学者たちによる新型コロナウイルス対策タスクフォースを立ち上げた Keystone / Niaid/national Institutes Of Hea

スイス連邦政府は31日、国内の研究者らで作る新型コロナウイルス対策タスクフォースを立ち上げたと発表した。科学的な専門知識を生かし、連邦内閣や州に助言する。

このコンテンツは 2020/03/31 16:37
Keystone-SDA/sb

「Covid-19タスクフォース」は、スイス国立科学財団(SNSF)全国研究評議会のマティアス・エッガー会長が座長を務める。

政府、内務省、その他の連邦・州当局の新型コロナウイルス対策をサポートする。またスイスの科学界が貢献できそうな研究、措置、製品を探る。

内務省は「スイスの科学コミュニティは研究、訓練、知識の移転を通し、この危機への対応に大いに貢献できるはずだ」と述べた。

タスクフォースは、検査、ヘルスケア、臨床、新しいデジタルアプリケーションを使った濃厚接触の追跡のほか、倫理・法的問題など、各大学・研究機関で行われているコロナウイルス研究をまとめるのが目的だ。

外部リンクへ移動

SNSFは先月25日、コロナウイルスに関連する研究を助成すると発表した。総事業費は500万フラン(約5億5千万円)。

31日付のスイス公共放送ラジオ(RTS)によると、SNSFは今月25日の期限までに270件の申請を受理した。大半は生物医学分野で、ウイルス、感染症、人間の免疫反応、病気の蔓延などだ。

SNSFは5月中旬までに助成対象を決定し、早ければ6月にも研究が始まる。選ばれたプロジェクトは5~30万フランが助成される。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する