スイス報道写真2020、女性ストライキ写したルルシュ氏が優勝

Swiss Press Photo, Yves Leresche

2020年のスイス報道写真大賞はイヴ・ルルシュ氏が受賞した。主催したラインハルト・フォン・グラッフェンリート財団の審査委員会は、同氏が写した女性ストライキを高く評価した。

イヴ・ルルシュ氏が受賞したのは、2019年6月に全国で開かれた女性ストライキのシリーズ写真(本記事トップ)。出身地ローザンヌで、男女の不平等に対する女性たちの叫びを写した。スイスでは1996年に男女平等法が施行されてからも、賃金格差など多くの不平等が残っている。「女性たちから溢れ出るエネルギーを切り取ろうした。それを題材の中心に据えた」(ルルシュ氏)

ルルシュ氏は1991年からフリーの報道写真家として、ローザンヌを拠点に活動。特に社会の端に追いやられた人々、移動少数民族のロマや社会的な不平等に焦点を当てている。1997年の世界報道写真大賞(アムステルダム)を始め、これまでにもたくさんの受賞歴がある。

部門別では、アドリアン・モーザー氏が韓国の団体旅行客を写したシリーズ写真が「日常」部門を受賞した。ユングフラウヨッホを訪れた旅行者らは、わずか1時間半の滞在で景観を満喫し、多くの記念写真で思い出を刻んだ。

Swiss Press Photo, Adrian Moser


Swiss Press Photo, Adrian Moser
Swiss Press Photo, Adrian Moser

「スイス・ストーリー」部門では、エレニ・クジョニス氏がバーゼルの慈善団体「Schwarzer Peter (黒いピーター)」の日々の活動を写した写真が受賞した。社会の底辺にいる人々、困窮する人々に手を差し伸べる団体だ。

Swiss Press Photo, Eleni Kougionis
Swiss Press Photo, Eleni Kougionis
Swiss Press Photo, Eleni Kougionis

「スポーツ」部門はロリス・フォン・ジーベンタール氏に贈られた。嵐の中レマン湖で開催された内陸湖帆走レースの最高峰「ボル・ドール」のシリーズ写真だ。無数のボートが帆布や帆柱を失い、乗組員たちが船から落ち、いくつかの船は転覆した。

Swiss Press Photo, Loris von Siebenthal
Swiss Press Photo, Loris Von Siebenthal
Swiss Press Photo, Loris Von Siebenthal

クリスティアン・ボブスト氏は「外国」部門を受賞。セネガルのイスラム教徒の95%が信仰する一宗派、スーフィー教の人々に密着した。「この写真で、イスラムやアフリカに対する人々の偏見を取り除きたかった」(ボブスト氏)

Swiss Press Photo, Christian Bobst
Swiss Press Photo, Christian Bobst
Swiss Press Photo, Christian Bobst

スイス報道写真大賞

ラインハルト・フォン・グラッフェンリート財団が主催するコンテスト。財団はスイスのジャーナリズムや報道写真を振興する目的で、2009年に設立された。コンテストは毎年開催され、大賞の受賞者には2万5千フラン(約280万円)の賞金が贈られる。

End of insertion

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する