Navigation

IOCに脅迫状、北京五輪開催阻止を狙う

5月15日ローザンヌのIOC本部で北京五輪反対デモをする亡命チベット人グループ Keystone Archive

ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)に、7月13日モスクワで行われる2008年夏季五輪開催地最終選考会で北京に投票したIOCメンバーを攻撃するという脅迫状が送りつけられた。

このコンテンツは 2001/06/15 12:49

2008年五輪開催地候補都市の中でも北京は有力候補と見られているが、人権保護団体などから強い反対がある。フランソワ・カラードIOCダイレクター・ジェネラルによると、脅迫状は「チベット青年議会の一派」と名乗る者からで、すでに警察に提出し捜査を依頼したが、「厳重に注意しろ。我々を真剣に受けとめろ。」とあり、無視するわけにはいかないという。チベット青年議会は、チベット独立を目指す亡命チベット人の組織で、先月5つの候補地に関するリポート発表を前にローザンヌのIOC本部前で北京五輪反対のデモを行った。

2008年五輪開催地の最終候補に残っているのは、北京、大阪、パリ、トロント、イスタンブールの5都市だが、2000年の開催をシドニーと争って負けた北京が最有力だと見られている。2000年大会を逃したのは、89年の天安門事件が原因だった。

IOCでは7月13日モスクワでの最終選考会の警備強化を図るという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。