ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アート・オン・アイス 2017 ステファン・ランビエールと髙橋大輔 舞台裏で大いに語る

世界的に有名なスイスのアイスショー、アート・オン・アイス(Art on Ice)の初公演が今日2日、チューリヒで行われる。今年の男子スケーターのトップスター、ステファン・ランビエールと髙橋大輔が今年のショーの魅力や互いの演技力について、スイスインフォに語った。

アート・オン・アイスでは世界のトップスケーターがアーティストのライブ演奏に合わせて華麗に氷上を舞う。

今年のアーティストの1人は、ランビエールが長年のファンだと話す英国出身のジェイムス・モリソン。もう1人は米国出身のチャカ・カーンだ。

ランビエールのアート・オン・アイスへの参加は今年で15回目、髙橋は2回目となる。髙橋大輔を招待した理由について「卓越したフィギュアスケーターでエンターテイナーだから、また今回も招待した」と話すのはアート・オン・アイス広報担当のマルク・リンデッガーさんだ。

そんな髙橋のソロの一つは「Caravan」。もう一つのソロではモリソンのナンバーに合わせて、ホームレスの役を演じる。リハーサルの合間にインタビューに応じてくれた髙橋は「リハーサルの手応えは完璧。後は自分のパフォーマンスの質を上げていきたい」と話し、再びリハーサルがはじまったリンクに戻って行った。

(映像・Carlo Pisani インタビュー&文 説田英香)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。