Navigation

ヘルマン・ヘッセ ティチーノの日々

ヘルマン・カール・ヘッセはドイツとスイスの国籍を持つ詩人であり、小説家であり、また画家でもあった。少年時代をスイスやドイツの寄宿舎で過ごし、晩年はスイス南部のティチーノ州に居を据えた。ここで書いた小説は、ヘッセの作品の中でも最も人気が高いものだ。

このコンテンツは 2012/08/09 11:00

(音声:英語、RSI/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。