ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのパイオニア(2) 技術の限界へ挑戦 世界一高いビルを設計した建築家カラトラバ氏

スイス国籍を持つスペイン人の建築家、サンティアゴ・カラトラバ氏はチューリヒのオフィスで数々の建造物を生み出してきた。過去30年以上に渡り建築史に名を残してきたカラトラバ氏は、現在アラブ首長国連邦ドバイで新たな超高層展望タワーを手掛ける。完成すれば世界一高くなるこのビルで、氏は再び技術の限界に挑戦する。(SRF/swissinfo.ch)

特集 「私たちは在外スイス人」

グローバル化が進み、多くのスイス人が海外に拠点を置いて生活しています。 現在、スイス人口の10%に当たる約76万人のスイス人が国外に在住。多くの人が、スイス近隣の欧州諸国に住んでいます。 ...

カラトラバ氏はニューヨークとチューリヒを拠点に世界各国で活躍する建築家だ。未来的なデザインで知られ、自然界からインスピレーションを得ることが多いという。

チューリヒのシュターデルホーフェン駅の設計をきっかけに国際的な建築家としての道を歩み始め、これまでにニューヨークのワールドトレードセンター駅といった世界中の駅を手掛けてきた。

ドバイに計画中の新しいタワーは氏の最新プロジェクトの一つで、世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ(828メートル)を超える予定だ。この超高層タワーの建設作業は既にスタートし、2020年のドバイ国際博覧会に合わせて完成が予定されている。

60代半ばを迎えたスター建築家のカラトラバ氏は、多忙な日々を過ごしながらも、毎日絵画の制作に3時間費やすことを欠かさない。

シリーズ「スイスのパイオニア」:それぞれの専門分野で第一人者として国内外で活躍するスイス人に焦点を当てた。スイス公共放送SRF制作。

インフォボックス終わり

(英語からの翻訳・シュミット一恵)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。