Navigation

Skiplink navigation

スイスの電動航空機革命

1903年、ライト兄弟はモーター機による世界初飛行に成功し、航空時代の幕開けを告げた。それから117年後、航空業界で新たな革命が起こりつつある。今年の夏、世界初の電動航空機がスイスで型式証明を取得した。

このコンテンツは 2020/11/12 14:48

スロベニアのメーカー、ピピストレル社のヴェリス・エレクトロ機の価格は18万8620フランで、78馬力の電気モーターを搭載している。フリブール出身のマルク・コルパトーさんが経営するアルパンエアプレーンズ社がこの航空機をスイスに輸入した。滞空時間が50分しかないため現在は練習機として使われているが、この技術には将来性があり、電動化された短距離フライトの増加につながる可能性があると考えられている。

本文はこちら

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する