ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

バレエ スイスのダンス国家資格 海外の若いダンサーに人気

スイスで2009年初めに始まった舞台ダンサーのための国家プロ資格が、海外の若い生徒たちに人気だ。ローザンヌ国際バレエコンクールのパートナー校でもあるここバーゼルのバレエ学校でも、若きダンサーが鍛錬に励む。(SRF, swissinfo.ch)

特集 ローザンヌ国際バレエコンクール

若手ダンサーの登竜門として世界的に有名な「ローザンヌ国際バレエコンクール」。本特集では、コンクールの結果をはじめ、芸術監督、振付家や参加者へのインタビュー、ビデオ、写真のルポなど多岐にわたって最新ニュースをお伝えします。ライブ配信では臨場感あふれるコンクールの舞台裏のようすをリポートします。

連邦プロ資格他のサイトへ」は3年間のコース。チューリヒ・ダンスアカデミー他のサイトへが最初に導入し、ジュネーブにある応用芸術プロ訓練センター他のサイトへ(CFPAA)、バーゼル劇場バレエ学校他のサイトへも取り入れた。

この資格は、義務教育を終えた若い生徒たちに、プロダンサーとしての包括的なトレーニングを提供することを目的としている。

彼らのトレーニングに国のお墨付きを加えるだけでなく、プロのダンサーとして今後直面する身体的、精神的な試練への心構えを指導する。スイス国内外で更なる教育プログラムを受ける機会も提供する。

資格を取るまでの道のりはかなり大変だが、まだトレーニング段階にいる若年層のダンサーは、このコースで自分の体とどう向き合い、けが防止にはどうしたらいいか、どういう食事を取ればいいかなどを学ぶ。

資格は、自分の目指す専門分野を見極める良い機会になり、第一線のダンサーを退いた後の進路選択にも役立つ。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。