ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヒューマニズム派 写真家サビーヌ・ヴァイス 初の回顧展

写真家サビーヌ・ヴァイスさんが自身の記録資料の公開に応じた。92歳になる彼女の作品と、その写真家人生をたどる回顧展が行われるのは、これが初めて。現在スイスで3月末まで公開中だ。

ルツェルン州クリエンスのベルパーク美術館他のサイトへでは、サビーヌ・ヴァイスさんの長いカメラマン人生の中で「いくつかの道標」となった作品群を、2017年3月5日まで展示中だ。ヴァイスさんは、ロベール・ドアノー氏、ウィリー・ロニ氏、エドワール・ブーバ氏らが形成したヒューマニズム派の流れを代表する、最後の写真家である。

130枚近くの写真と映像フィルムの他、当時の資料が多数公開されている。同展示会は、パリのジュ・ド・ポーム美術館企画他のサイトへ、トゥール市の協賛により、2016年10月までフランスのトゥール城で開かれていた。

(写真・Sabine Weiss 文・Katy Romy、swissinfo.ch 仏語からの翻訳・門野麦野)