Navigation

ソチ冬季五輪、滑降コース設計者はスイス・スキー界の大スター

スイス人ベルンハルト・ルッシさんは、過去の世界選手権やオリンピックの男子滑降で数々のメダルを獲得し、スイス・スキー界の伝説となった元アルペンスキー選手。引退後もスキーへの情熱は衰えず、スイス国営放送でスポーツの司会を務めたり、滑降コースの設計を手掛けたりしている。最近では、ソチ冬季五輪のアルペンスキー競技用コースの設計を担当した。(スイス国営放送、swissinfo.ch)

このコンテンツは 2014/02/04 11:00
swissinfo.ch

1972年札幌冬季五輪、そして2度の世界選手権で金メダルを獲得したことで、ルッシさんは「スイスの伝説」ともいわれるようになった。

山岳地帯のウーリ州アンデルマット出身。現在65歳。今ではいわば冬季スポーツのスイス大使のような存在だ。何十年にもわたり、現代のスキー競技の専門家として第一線で活躍し、スキー競技の発展に大きく貢献してきた。

これまでにヨーロッパ、北アメリカ、アジアでさまざまな滑降コースの設計を担当。2014年ソチ冬季五輪で滑降コース設計者に任命されたが、議論が巻き起こった。コースを作るために、コーカサスの森に茂る何千本もの木が切り倒されることになるからだ。

スイス国営放送は開幕が迫ったソチで、ルッシさんに今回の設計について話を聞いた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。