Navigation

ショッピングカートの中身を比較 お買い得な国は?

スイスインフォがスイスと隣国フランスのスーパーマーケットで食料品14品を対象に実施した簡易調査で、同類の商品を両国で購入した場合、スイスの総額がフランスに比べ91%も高かったことがわかった。(swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/07/16 08:30
swissinfo.ch

映像にまとめた簡易調査は6月末、スイス・ローザンヌのスーパーマーケットCOOPと、フランス・フェルネーヴォルテールのスーパーマーケットCarrefourで実施したもの。

また、欧州連合(EU)統計局による最新の統計も同様の傾向を示している。スイスは欧州諸国の中で2年連続、食料品・飲料(アルコール飲料を除く)がEU諸国の平均値より+73%で最も高かった。他にも、宿泊・飲食サービス業(+67%)や衣料品(+43%)において欧州諸国の平均値との間に大きな差が見られた。

外部リンクへ移動

収入の高いスイス人が、隣国で低価格の商品を買い求める動きは以前からあったが、2015年1月の対ユーロでのフラン高騰をきっかけに、その傾向は一層高まった(当時1ユーロ=1.20フラン、現在は1.10フラン)。

専門家によると、そのような購買行動がピークに達した15年に、スイス人が隣国で商品を購入した総額は110億フラン(約1兆2千万円)相当と見積もられており、今後もその額は横ばいとなる見込みだ(2016年、100億フラン)。スイス銀行大手クレディスイスの報告他のサイトへによると、スイス通貨の10分の1は国外で消費されている。

スイスインフォのフェイスブック上にコメントしたミグエル・フェレイラさんは、2週間に1度、隣国で商品を購入している。「スイスで買い物かご一つ分の商品に支払う額で、車のトランクいっぱいに買い物できる状況が続く限り、隣国で買い続ける」

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。