レマン湖畔の漁師小屋 マニュさんの1日

スイスのヨット「シャマード号」が、レマン湖の漁師マニュさんを乗せて日本に向かった。行先は長崎県の小さな島、的山大島(あずちおおしま)。島の漁師とスイスの漁師。言葉や文化の違いはあっても職業に対する同じ愛と情熱を分かち合う、漁師の出会いを描いた。(www.chamade.ch)

このコンテンツは 2019/07/07 08:30

レマン湖畔に漁師小屋を持つマニュさんの仕事場をのぞいてみよう。マルシェで売るために魚を下ごしらえしたり、燻製にしたり、大事な漁具の手入れもする。ベトナム出身のウイさんの手際良い仕事のおかげで、今では毎日の作業を余裕を持ってこなせるようになった。

次回の配信は2019年7月14日。

夏の特別シリーズ「SAKANA(魚)」:スイスのヨット、シャマード号で世界を周る2人のジャーナリストが制作したドキュメンタリー映像。本映像では「漁」をテーマに、スイスの漁師を乗せたシャマード号が日本へと向かう。swissinfo.chの日本語サイトでは、1回につき約3~5分に分けた日本語字幕付きの全8話を、2019年6月30日~8月18日まで毎週日曜日にオンライン配信する。制作者Chamadeさんのサイトはこちら

End of insertion

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する