Navigation

朗読『スイス傭兵ブレーカーの自伝』第60回

小高いぶどう畑を越えて移動する最中にハンガリー兵に遭遇。筆舌に尽くしがたい大殺戮が繰り返されます。そんな中で、ウーリは逃亡のチャンスを見出しました。

このコンテンツは 2011/02/14 09:41

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?