Navigation

ローザンヌバレエ、野中悠聖さんにビデオインタビュー

このコンテンツは 2017/02/01 15:16

野中悠聖(ゆうき)さんは、イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクールで学ぶ17歳。バレエをやっていこうと決めたのは、子どものときに熊川哲也さんの「ドン・キホーテ」を見て感動したから。将来は、色々な踊りができるカンパニーに行きたいと話す。ローザンヌバレエ2017の2日目、コンテンポラリーの個人指導のレッスンでジョン・ノイマイヤーの作品を深い解釈と豊かな表現で踊り、終わった瞬間にコーチからGood work !(よい仕上がりだ)と声が飛んだ。(ビデオ制作・Carlo Pisani インタビュー・里信邦子)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。