Navigation

良心を取り戻した

麻薬を長年使用してきたサヴィエ・Tさん(22)は、仏ストラスブールからスイスのヴァリス/ヴァレー州にあるセラピーセンターにやってきた。彼はそこで健康とやる気を取り戻し、生きる意味を見い出した。

このコンテンツは 2013/01/14 12:51
swissinfo.ch

「ローヌ川岸ホーム(Foyers Rives du Rhône)」は30年来、中毒問題を抱える若者を受け入れている。スイスインフォはこの度、サヴィエさんのかかとに音声マイクをつけさせてもらい、この施設の1日を写真と音声に収めた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。