Navigation

教会離れを防ぐ 英国に学ぶ生き残り戦略

スイスでも英国でも、教会に足を運ぶ信者が減り続けている。この流れを食い止めようと、両国のプロテスタント教会の指導者らが知恵を絞り合っている。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2016/02/25 11:00

今から約500年前、スイスは宗教改革運動の中心地だった。それが今では登録されているプロテスタントの信者は約180万人にまで減少。これは人口の26.9%に当たり、過去最少の数字だ。教会の脱会者も過去15年間で2倍に増えている。

スイスのキリスト教信者は地元の教会に税金を支払う義務があるが、正式に教会を脱会すればこの税金を免除されるため、脱会者の増加で教会の収入にも大きな影響が出ている。経費削減を迫られた結果、古い教会の建物を売りに出すプロテスタント教会も出ているほか、施設をカトリック教会と共有するという案も検討されている。

一方で、教会を信者のニーズに合わせることで信者を取り戻す試みも行われている。26教会から成るスイス・プロテスタント教会連合の視察団は英国を訪れ、信者の教会離れを防ぐために英国の牧師らはどのような工夫をしているのかを探った。その一つに、教会をコミュニティーセンターのような場に変え、信者が集まりコーヒーを飲んだり劇を鑑賞したりできるようにするというアイデアがある。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。