スイスの視点を10言語で

スリランカ誘拐事件、被害者女を逮捕

スリランカ大使館職員
17日、コロンボの裁判所に向かうスイス大使館の女性職員(中央のピンクのスカーフをかぶった人物) Copyright 2019 The Associated Press. All Rights Reserved.

在スリランカのスイス大使館職員が一時誘拐されたと通報のあった事件で、スリランカの司法当局は17日、「証拠のねつ造」の疑いがあるとみて、この職員の女を逮捕した。

司法当局はこの女が「反政府感情をかき立て、裁判手続で使用される証拠をでっち上げた」疑いがあるという。

スイス連邦外務省は同日夕、声明外部リンクで「この決定を憂慮している」とコメント。スリランカに「国内法と国際基準」を順守し、容疑者の人格権にも配慮するよう求めた。

職員の女はスリランカ国籍。先月25日、路上で身元不明の男らによって車の中に引きずり込まれ、数時間拘束されたと訴えていた。男らには「大使館関連情報」を開示するよう脅されたという。

スイス大使館は「事件」発生後、「容認できない攻撃」とコメント。ゴタバヤ・ラジャパクサ新大統領周辺の事件を捜査していた上級警察官がスイスに亡命した翌日、この「事件」が発生した。

おすすめの記事
スクショ

おすすめの記事

スリランカ誘拐事件の謎

このコンテンツが公開されたのは、 スリランカのスイス大使館職員の「誘拐事件」をめぐり、両国の間で論争が起こっている。スリランカ当局は事件の真偽に疑問があるとして、被害者とされる現地職員を20時間以上にわたり聴取し、国外に出ることも禁じている。

もっと読む スリランカ誘拐事件の謎

ラジャパクサ政権はその後、警察官が許可なく出国できないよう、空港入国管理局に通達した。

疑わしい事実

「事件」はすぐに両国間の外交問題に発展した。

スリランカ側は、ウーバー(Uber)の記録、監視カメラ映像、電話記録、GPSデータなどの技術的証拠により、通報内容の真偽に疑問があると表明した。

スイスは今月2日、スリランカ大使を召喚し、これについて説明を求めた。

おすすめの記事
State Secretary Pascale Baeriswyl

おすすめの記事

誘拐事件 スイス大使館の情報に疑問

このコンテンツが公開されたのは、 スリランカの首都コロンボでスイス大使館女性職員が一時拘束され、「大使館関連情報」を開示するよう脅された事件に関して、スリランカ外務省は1日、スイス大使館が開示した情報が事実と一致しないと発表した。

もっと読む 誘拐事件 スイス大使館の情報に疑問

スリランカの首都コロンボの裁判所は先週、職員に対し、法廷が指名した医師の診察を受けるよう命じたほか、捜査のためだとして出国も禁じた。スイス大使館は、この職員の健康状態は悪く、聴取に耐えられないとしていた。

おすすめの記事
Sri Lankan President Gotabaya Rajapaksa

おすすめの記事

スリランカ当局、誘拐された大使館職員に受診命令

このコンテンツが公開されたのは、 スリランカでスイス大使館の現地職員が一時誘拐されたとされる事件で、スリランカの裁判所は、捜査の一環としてこの現地職員に医師の診察を受けるよう命じた。

もっと読む スリランカ当局、誘拐された大使館職員に受診命令

スイス通信(Keystone-SDA)によると、職員が正式に起訴されたかは不明。スリランカの国内紙は月内まで拘留が続く見込みだと報じている。

ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部