サケ 国境で遡上足止め

遡上中のヒメマス Keystone

欧州の魚の移動の自由が、フランスによって妨げられている。国境にあるフランスの発電所周辺にはしご型魚道が設置されておらず、産卵のためスイス国内に遡上するサケが、川を上ることが出来ないからだ。

このコンテンツは 2019/12/06 09:56
Keystone-ATS/ts

スイスのバーゼルで孵化(ふか)したサケは、ドイツやフランスへ流れるライン川を下った後、産卵のため再び遡上してくる。しかし、ライン地溝帯にはしご型魚道がないため、フランス・ドイツ国境ストラスブールにある3つの水力発電所を通過することが出来ない。

スイス連邦政府は5日の議会質問で、対策を検討すると述べた。

ドイツ、オランダ、スイスは、全発電所周辺に魚道を作り、魚が川を遡上できるようにしている。だが、ロベルト・ザネッティ議員によると、フランス国内の3つの発電所はいまだに横断できない。

スイス政府はすでに、フランスに対し「いくつかの革新的な提案」を提案したと言及。魚道の設置促進を目的とした新しい計画「ライン2040」の枠組みの中で、具体的な日程に向けて検討する意向だとした。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する