ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

知的財産 「スイス・ミリタリー」、スイス軍の登録商標に 時計の使用は?

スイス国旗の肩章をつけたスイス兵士

連邦行政裁判所の決定をめぐっては多くの疑問が残る

(Keystone)

スイスの連邦行政裁判所は9日、スイス軍による「スイス・ミリタリー(Swiss Military)」の商標登録を1月22日付で認めたと発表した。スイスの時計メーカーとの20年以上に渡る争いに決着がついた。

 ことの始まりは2013年。連邦国防省装備局(Armasuisse)他のサイトへがスイス軍を代表し、「スイス・ミリタリー」の名称を「時計やその他のスイス製時間計測器」として商標登録するよう連邦知的財産庁(IPI)他のサイトへに申請。これに対し、時計メーカー・シャルメックス他のサイトへ(本社・バーゼル)が、同様の製品について同じ名称を95年に登録済みとして申請を却下するよう求めていた。

 IPIは装備局の申請を却下。スイスの紋章保護に関する法律は、指定されたサービスまたは機関に限り正式名称を使用できると定めている。だが同じ製品カテゴリーに登録された二つの同じ名称が競合する場合には、同法は適用されないと理論づけた。

 装備局は却下の取り消しを求めて連邦行政裁判所に提訴。行政裁は記者発表で「『スイス・ミリタリー』という正式名称は装備局に限って使用が認められていることから、『スイス・ミリタリー』ブランドをスイスの商標登録簿に加えなければならない」と説明し、IPIに反論した。

 ロイター他のサイトへによると、スイス政府は行政裁の判決を歓迎。「スイス・アーミー」や「スイス・エア・フォース」など他のブランドの保護にもつながることに期待を寄せた。

残された疑問点

 ただ行政裁はシャルメックスが引き続き「スイス・ミリタリー」を使用できるかという別の問題には結論を出さなかった。裁判では、同社が96年から同名を冠した時計を販売しており、ブランド名を市場に広めるために莫大な額を投じてきたと訴えた。

 シャルメックスの共同経営者兼最高経営責任者(CEO)のフランク・M・ブルギン氏はロイターの取材に「我々は我々のブランドをこれからも使い続け、その名を冠した時計を販売するつもりだ」と述べた。

 行政裁の広報官はロイターに対し、シャルメックスが使用料を払わずに「スイス・ミリタリー」の名を使い続けられるかどうか、装備局はIPIに判断を求めることができると説明した。


SDA-ATS/Reuters/cl

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×