Navigation

スイス、EUの鉄鋼輸入関税に抗議

スイスの鉄鋼メーカーは、一定の割当量を越えるとEU市場から締め出されると懸念している Keystone

スイスは、欧州連合(EU)が米国との貿易戦争の一環で課した鉄鋼関税をめぐり、欧州委員会と「建設的」に協議していると明らかにした。

このコンテンツは 2018/09/20 12:00
swissinfo.ch/mga

EUは7月、米国がEUから輸入する鉄鋼とアルミニウムに関税をかけたことへの対抗措置として、割当量を超えた鉄鋼輸入に25%の関税を課すと決めた。スイスからの輸入も対象となる。

スイスは、この決定がEUと1972年に結んだ自由貿易協定(FTA)に違反すると抗議。ブリュッセルで18日開かれたFTA合同委員会の臨時会議で、あらためて懸念を伝えた。

連邦政府は声明で「スイスは欧州委員会に対し、スイスを保護貿易の例外とするか、2国間貿易を阻害しないような措置を講じるべきだと要求している」と述べた。臨時会議では、EUの保護措置が両国間の貿易に与える影響を最小限に抑えることで一致したという。

ただ具体的な措置は決まっておらず、11月13日に予定される定例の合同委員会で再び協議する。

スイスの鉄鋼の輸入元の約98%はEUで、スイスからの輸出先の95%はEUだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?