スイスの視点を10言語で

スイスでプライベートジェットの利用増加 環境保護団体が警鐘

Jets in Geneva
スイスで最もプライベートジェットの発着が多い都市はジュネーブ(ジュネーブ~パリ間)だった Keystone / Laurent Gillieron

スイスでプライベートジェットの利用が大幅に増えている。国際環境保護NGOグリーンピースの報告書によると、スイスの国民一人当たりのプライベートジェットの運行本数はマルタに次いで多い。同団体は、こうした過剰な利用は環境に大きな負荷を与えていると訴える。

グリーンピースが委託して行った調査外部リンクによると、昨年のスイスでのプライベートジェットの運行本数は3万5269本(1日あたり約100回)で、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインに次いで6番目に多かった。フランス語圏の日刊紙ル・マタンおよびドイツ語圏の日刊紙ターゲスアンツァイガーの日曜版が報じた外部リンク

また、国民一人当たりで見ると、スイスはマルタに次いで2番目に多く、フランスや英国の約3倍、ドイツの約6倍だった。

航空需要の急回復 CO₂対策は出遅れ

米国のシンクタンク「Institute for Policy Studies」の調査外部リンクによると、プライベートジェットやビジネスジェットの運行本数は、過去20年間で世界的に2倍以上に増えた。新型コロナウイルスの感染拡大も需要の増加につながった。

プライベートジェットは他の輸送機関に比べ、乗客1人を1キロメートル運ぶときに排出する二酸化炭素(CO²)の量が遥かに多い。NGO団体「Transport & Environment」の試算によると、プライベートジェットは乗客1人当たり、民間航空の5〜14倍、鉄道の50倍のCO²を排出する。プライベートジェットの中には、1時間あたり2トンのCO²を排出するものもある。欧州連合(EU)統計局によると、EU加盟国の2019年のカーボンフットプリントは、一人当たり6.8トンだった。

スイスのプライベートジェットは2022年の運行で、16万6千トンのCO²を排出した。

プライベートジェットを禁止するときは今

グリーンピース・スイスは報告書で、プライベートジェットの禁止を呼びかけている。一方、スイスの民間・ビジネス航空の業界団体は、こうしたプライベートフライトが数万人の雇用と数十億の粗付加価値を生み出していると強調している。

おすすめの記事
Die beiden Türme der Testanlage von Synhelion, die sich in einem der Spiegel auf dem Feld spiegeln

おすすめの記事

クリーンテックで飛び立て!スイス企業が生み出す太陽熱燃料とは

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの企業シンヘリオンは、世界初、産業規模で太陽熱燃料を供給できるプラントを建設している。主な原料は二酸化炭素(CO2)、メタン、そして水。プラントの動力は太陽光だ。

もっと読む クリーンテックで飛び立て!スイス企業が生み出す太陽熱燃料とは

英語からの翻訳:大野瑠衣子

ニュース

EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部