スイスの視点を10言語で

スイスの大学が対面授業再開 人数制限も

大学
スイスの大学で、オンライン講義を行う教授 Keystone / Gian Ehrenzeller

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で遠隔授業が続いていたスイス国内の大学は19日から、対面授業が再開される。ただし制限がある。

スイスの大学は昨年春の感染第1波以降、対面授業が一時的に認められた時期があったものの、遠隔学習が約1年間続いていた。スイス学生連合などの学生団体は政府に対し、対面授業の再開を求めていた。

おすすめの記事
現在、スイスの学生はオンラインで授業を受けている

おすすめの記事

新型コロナでキャンパス閉鎖、学生らが講義再開を要求

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの学生が大学での授業を再開するよう訴えている。スイス政府は来週、現行の新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を継続するか、あるいは緩和するか決める予定だが、学生らは自分たちの悩みを受け止めるよう求めている。

もっと読む 新型コロナでキャンパス閉鎖、学生らが講義再開を要求

これに呼応するかのように連邦内閣は14日、セミロックダウンに対する主要緩和策の1つとして、19日から大学機関での対面授業再開を認めると発表した。ただしクラスの人数は50人以下、室内の定員の3分の1を超えてはならないというルールを設けた。マスクの着用や衛生対策は引き続き順守しなければならない。

スイス学生連合は政府の発表を歓迎。連合はこれまで、学生の研究活動における影響や、アルバイト先の減少に伴う経済苦、パンデミックによる精神面の負担に懸念を表明していた。

同連合のエリシャ・リンク共同会長は「大学が幅広い複合型(オンラインとキャンパス)学習の機会を提供し、(感染に)注意しなければならない人、あるいは自発的に注意したい人も参加できるようにすることが重要だ」と話す。

一方で、多くの学生がアルバイトする外食部門の雇用が以前の状況に戻るまでには長い時間がかかるとし、学生の経済問題は引き続き懸念事項だと指摘する。

国内大学の連合団体スイスユニバーシティーズ外部リンクのマルティナ・ヴァイス事務局長はswissinfo.chに対し、大学での学習には学生と講師の交流が非常に重要だとし、政府の発表はこれに「一歩近づいた」と歓迎した。

しかし、大学はすでに適切な感染防止措置を講じているため、クラスの人数制限は必ずしも必要ではないと感じている、と述べた。国内の大学は昨年秋、一時的に対面授業が再開したが、その後感染の第2波に見舞われ再び遠隔授業となった。

各大学の対応は

チューリヒ大学は15日の年次記者会見で、大学の今後の対応に言及した。ミヒャエル・シェプマン学長は優先事項の1つとして、専攻分野の性質上、遠隔授業で学習への支障が懸念される学生を現場に戻す点を挙げた。同氏はオンライン会見で「例えば医学、または化学と生物学の実験室における研究などだ」と語った。

次のステップに関しては、20日の会議で決める。同氏は、研究室への復帰は極めて速く実施できるが、学生本人にも調整の余地を与える必要があると述べた。これは学生連合も懸念事項の1つに挙げている。

同氏はまた「試験はオンラインで行う、あるいはキャンパスで行うなどと週ごとに方針を変えるようなことはしたくない。学生は、学期を無事終えられるような方針を必要としている」と語った。

またキャンパス学習のみ、オンラインとキャンパスの複合型、オンライン学習のみという3つの選択肢を選べるようになる可能性が高いとした。

大学は15日、デジタル技術の進歩と昨年のパンデミックで得られた経験を活用し、将来的にはキャンパス形式とオンライン形式を組み合わせた手法を検討すると発表した。

ミヒャエル・シェプマン学長は会見で「私たちが得た経験や、イノベーションやデジタルトランスフォーメーションの大いなる可能性を活用し、緊急時に限らない高品質の教育をさらに発展させたい」と述べた。同大は、複合型アプローチによって、より個別化した学習アプローチが可能になると期待する。

オンラインアプローチ

ジュネーブ大学は既に、5月28日の春学期の終わりまで遠隔学習を続けると発表している。

同大はswissinfo.chに対し、不確実性の高い現状下で、学生や講師に安定を与えるための措置だと説明。また、多くの学生が現在自分の家に戻っており、ジュネーブに戻るのは意味がないとした。

政府のこれまでの制限措置は、1万9千人の学生と、校舎がジュネーブ市・州に点在する同大に「非常に大きな段取り上の問題」をもたらしたと述べた。ただし、小規模または実践的なセミナーは例外だったという。

同大は、対面教育が依然、高等教育の鍵だと述べ、感染状況が許せば直ちに以前の学習形態に戻りたい、と語った。「ワクチン接種キャンペーンの促進は、間違いなくそれを実現する鍵の1つだ。大学も関係者に参加を奨励している。ジュネーブ大学は、このキャンペーンが早く学生を対象に含めるよう期待する」

パンデミックの間、大学のキャンパス学習を停止したのはスイスだけではない。隣国のフランス、ドイツ、イタリアの大学も対面教育を取りやめた。英国は、早ければ5月17日から対面授業を再開する予定だ。

(英語からの翻訳・宇田薫)

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

スウォッチのロゴ

おすすめの記事

スウォッチ1~6月期売上高14.3%減 中国の需要低迷が重荷に

このコンテンツが公開されたのは、 スウォッチが15日発表した1~6月の純売上高は34億5000万フラン(約6070億円)と、前年同期比で14.3%減った。中国の高級品需要の落ち込みが、スイス時計業界全体の重荷になっている。

もっと読む スウォッチ1~6月期売上高14.3%減 中国の需要低迷が重荷に
マイクに向かって演説をする女性

おすすめの記事

トランプ氏銃撃、スイス大統領「容認できない」

このコンテンツが公開されたのは、 ドナルド・トランプ前大統領が13日に銃撃された事件を受け、スイスのヴィオラ・アムヘルト大統領は「政治的な暴力は容認できない」と訴え、一日も早い回復を祈った。

もっと読む トランプ氏銃撃、スイス大統領「容認できない」
洪水の被害を受けた地域

おすすめの記事

ツェルマット行き鉄道、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休 大洪水で

このコンテンツが公開されたのは、 スイス南部を中心に発生した大規模な洪水の影響を受け、ツェルマット~ディセンティス間を結ぶマッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)は、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休するとの見通しを明らかにした。

もっと読む ツェルマット行き鉄道、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休 大洪水で
スイスは対ロシア制裁リストを拡大した

おすすめの記事

スイスが対ロシア制裁リストを拡大

このコンテンツが公開されたのは、 スイスは対ロシア制裁リストを拡大した。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続いていることを受け、欧州連合(EU)が決定した変更を採用した。

もっと読む スイスが対ロシア制裁リストを拡大
人工知能(AI)による雇用喪失への懸念はスイスが最も低かった

おすすめの記事

AIによる失業懸念、スイスは最低

このコンテンツが公開されたのは、 人工知能(AI)は日々の仕事に影響を与えている。スイスでは、多くの人たちが仕事を含めAIを使っているが、この新しいテクノロジーのせいで仕事を失うと心配している人は比較的少ないことが最新の調査で分かった。

もっと読む AIによる失業懸念、スイスは最低
核兵器禁止を訴える団体

おすすめの記事

核兵器禁止条約への加盟求めスイスで署名集め開始

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの市民団体「核兵器禁止を求める同盟」は、国連核兵器禁止条約への加盟を求めるイニシアチブ(国民発議)を立ち上げた。必要な署名が集まれば国民投票が実施される。

もっと読む 核兵器禁止条約への加盟求めスイスで署名集め開始
スイスの伝統衣装を着た女性

おすすめの記事

スイス民族衣装祭りに観光客10万人

このコンテンツが公開されたのは、 スイス・チューリヒで6月28~29日、連邦民族衣装祭りが14年ぶりに開催され、延べ約10万人の観客が訪れた。

もっと読む スイス民族衣装祭りに観光客10万人
UBSとクレディ・スイスのロゴが入った窓ガラス

おすすめの記事

クレディ・スイスのスイス法人が消失

このコンテンツが公開されたのは、 スイス二大銀行だったUBSとクレディ・スイスの現地法人の合併が1日、完了した。今後スイス国内でも「クレディ・スイス」の看板撤去が進むことになる。

もっと読む クレディ・スイスのスイス法人が消失

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部