スイスの視点を10言語で

スイス出身のインファンティーノ氏がFIFA会長に再選

インファンティーノ
FIFAのインファンティーノ会長 Keystone / Fernando Vergara

国際サッカー連盟(FIFA)の会長選が5日、パリで行われ、スイス出身のジャンニ・インファンティーノ会長が再選を果たした。ほかの立候補者はなかった。任期は2023年まで。

インファンティーノ会長は再選を受け「有毒で、もはや犯罪組織に近い存在から、FIFAは本来あるべき姿に戻った。FIFAはサッカーをきちんと管理する」とコメント。FIFAは昨今、汚職問題などで揺れたが「FIFAに汚職が入り込む余地はもうない。ゼロ・トレランスだ」と強調した。

FIFAはチューリヒに本部がある。汚職問題で前任者のジョセフ・ブラッター氏が辞任し、2016年に後を継いだのがインファンティーノ会長だった。スキャンダルの影響が尾を引いた3年間だったが、インファンティーノ会長は、汚職の証拠は見つかっていないとした。

インファンティーノ会長は「この3年4カ月は完璧ではなかった。私は間違いを犯した。それを改善しようとしてきた。だが今日、この選挙の日、誰も危機のことを話題にしない。スキャンダル、汚職のことを話す人はもう誰もいない」として、FIFAが汚職問題から完全に脱却したと強調した。

2018年のワールドカップロシア大会は、15~18年期で10億5千万ドル(約1200億円)という大きな利益をFIFAにもたらした。ロシア大会自体の売り上げは46億ドルに上り、FIFAの資産は80%増の27億5千万ドルに達した。

過去数年間、FIFAの汚職問題に対する内部調査で、多くの連盟幹部が解任され、サッカー界での活動停止処分を受けた。スイスなどの検察が、汚職事件を捜査中だ。

FIFA改革にかかわったスイス人弁護士マーク・ピース氏らは、インファンティーノ会長の権威的なリーダーシップを批判。また捜査が終わっていない段階で、スイス・ヴァレー州の検察官が、インファンティーノ会長とスイス連邦検察庁長官の非公式の会合を仲介したと一部で報じられ、物議を醸した。ただこれに関し、贈収賄などの証拠は見つからなかったとして捜査は終了した。

ニュース

ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部