スイス南部ティチーノ州、欧州2位のご長寿地域

ティチーノ州のマッジョーレ湖では1月の真冬に泳ぐのが昔からのならわし。これも長寿の秘訣? Keystone

スイス南部ティチーノ州の平均寿命は85.2歳で、欧州で2番目に平均寿命が長い地域にランクインした。トップはスペイン・マドリードで85.5歳だった。

このコンテンツは 2020/10/01 15:58
Keystone-SDA/ts

欧州連合(EU)の統計局、ユーロスタットの統計で分かった。

男性全体でのトップはイタリアだった。同国北部のトレント自治県は82.7歳でマドリードの男性を上回る。

女性全体ではスペインがトップ。マドリードが88.1歳、ナバラ州が87.3歳だった。

スイスでは、レマン湖地域が84.2歳で、ティチーノに次ぐ「長寿地域」にランクイン。チューリヒと中央スイスが84歳、スイス北西部が83.9歳と続いた。スイス全体では、2019年生まれの平均余命は83.8歳。

2018年のEU平均は81歳。女性の平均寿命は83.7歳で、男性(78.2歳)よりも5年5カ月長い。

退職後の人生

退職後の人生もスイスは長い。ティチーノ州では、65歳以降の人は平均22.5年生きる。レマン湖地域では22年だった。

ただ西マドリード、仏イル・ド・フランス地域圏、英ロンドンの一部、仏コルシカ島がティチーノ州の数値を上回っている。

ユーロスタットによると、東欧地域は数値が一貫して低い。マドリードの住民は65歳の退職後、平均23.2年生きるが、東欧の住民(同じ年齢で退職)では17〜18年にとどまる。例外はギリシャで、中央ヨーロッパの数値とほぼ同等だ。

最も数値が芳しくなかったのがブルガリアのセヴェロザパデン、セーヴェレン・セントラル地域で平均15.7年だった。

なぜスイス人は長生きなのか。さまざまな研究が驚​​くべき理由を指摘している。スイス生活に欠かせないチーズも、その1つのようだ。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する