スイス警察、KKK仮装の12人を事情聴取

1998年、米国ジャスパーに出没したクー・クラックス・クラン(KKK) Keystone / David J. Phillip

スイスのシュヴィーツ州警察は10日、同州ブルンネンのファスナハト(カーニバル)で白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)の仮装をした全12人の男性を事情聴取したと発表した。ただ専門家によると、法律違反に問われるかはグレーゾーンだ。

このコンテンツは 2019/03/12 11:56
swissinfo.ch/sb

12人はいずれも同州出身で、18~30歳。州警察によると、いずれも極右系政党・団体には属していない。警察の取り調べが済み次第、事件はインナーシュヴィーツ検察庁に送られる。

4日にブルンネンで行われたファスナハトでは、胸にKKKと書かれた白装束に身を包み先の尖った帽子をかぶった集団が、トーチを持って通りを行進した。この様子を撮影したビデオが各種メディアで報じられた

KKKは1865年にアメリカで設立された白人至上主義者グループ。南北戦争が終結し、奴隷制度が廃止された当時に誕生し、南部のアフリカ系アメリカ人を恐怖にさらした。その後はヒスパニックなどのマイノリティも標的にした。米国にはまだ約8千人のKKK支持者がおり、海外の右翼集団とコンタクトを取っていると報じられている。

シュヴィーツの事件は地元・国会議員に衝撃を与えた。スイス反人種差別委員会のアルマ・ヴィーケン委員長は「このような手段は容認されるべきでない」と強く批判した。

だが今回の事件が法律違反に当たるのかどうかは不明だ。無料紙20min.は専門家の見方として、「今回のケースで同集団のメンバーを人種差別の罪で有罪とするのは難しい」とする弁護士のダニエル・ケッティガー氏のコメントを引用した。明らかに特定の人種や民族をターゲットにした活動ではなかったことと、風刺に対してかなり寛容度が高いファスナハトのなかで生じた表現であるためだという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する