Navigation

生活保護

生活保護受給者は2006年の景気もあまり関係なかった Keystone

5月13日、スイス連邦統計局が発表したところによると、2006年における生活保護受給者数は、好景気だったにもかかわらず横ばいで24万5000人だった。

このコンテンツは 2008/05/14 08:10

全体的には横ばいだが、若者、1人暮らし、外国人の受給者は増加した。

景気に左右されず

連邦統計局の発表によると、2006年の生活保護受給者は前年より7600人ほど増加し、24万5156人となった。これにより、生活保護率は3.3% ( 前年3.2% ) とやや上昇した。 2006年の景気は良かったものの、実際の生活に良い影響を及ぼすまで時間がかかると統計局は理由付けている。

全人口における占める割合は21% 弱にとどまる外国人の受給者が44% 強。外国人の受給者が非常に多いことが分かる。理由として統計局は、外国人の職業教育の不足、就職のチャンスが低いこと、家族構成を挙げている。外国人の多くが薄給に甘んじていることも指摘された。

未成年者、若者、1人暮らしの人たちも社会保護を受けている率が高いが、年とともに減少の傾向にあるという。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。