芸術的な紙幣 スイス中銀、新20フラン札を発表

新紙幣は現行の20フラン札に比べ青色が多い

新紙幣は現行の20フラン札に比べ青色が多い

(Schweizerische Nationalbank)

スイス国立銀行(中銀)は10日、新20フラン札を発表。新紙幣の基本色は赤色で、モチーフにはロカルノ国際映画祭のスクリーン、チョウ、地球儀が描かれる。新紙幣は今月17日から流通が開始する。

 新紙幣各種のテーマは「多様なスイス」。スイス中銀のフリッツ・ツアブリュック副総裁は記者会見でそう話し、新20フラン札はスイスの創造的な面を象徴していると語る。新20フラン札ではスイスが文化の場として、また様々な分野における文化的、芸術的活動の場として描かれているという。

 「この紙幣の主な要素は光だ」とツアブリュック氏は話す。「光のおかげで、自然や、人が創造した作品を視覚的に認識できる。そのため光は創造性というテーマと深く結びついている」。新20フラン札の基本色はこれまでと同様の赤色だ。

スムーズな導入

 スイス中銀は約1年前、新紙幣シリーズの第1弾として緑色の新50フラン札の流通を開始。新50フラン札の導入は今のところうまくいっていると、ツアブリュック氏は言う。

 同氏によると、新50フラン札は第8次紙幣シリーズの旧50フラン札に比べ、予想通り丈夫で裂けにくくなっている。しかし、新札が流通してからまだ時間的に短く、データが不足していることから、新札の質や流通性に関して長期の予想は立てられないという。

偽造防止が第一

 スイス中銀が新紙幣を導入する一番の目的は偽造防止だ。新50フラン札を除く現行の第8次紙幣シリーズは1995~98年に流通が開始されたもので、当時の偽造防止技術は現在の水準には適さなくなっている。そこで、スイス中銀は新紙幣に合計15の偽造防止技術を採用し、安全対策の強化に乗り出す。

 現行の20フラン札は当面の間有効。古い紙幣はスイス中銀が継続的に回収する。スイス中銀は第9次紙幣シリーズのすべての新紙が流通した時点で、旧紙幣の交換を呼びかける予定。この時点で現行の紙幣は使用不可となるが、スイス中銀が交換に応じる。

 新紙幣シリーズの導入が完了するのは2019年。次回は10フラン札で、次いで200フラン札、千フラン札と続く。最も流通量の多い100フラン札は最後に刷新される。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


(独語からの翻訳・鹿島田芙美), swissinfo.ch und Agenturen/raf

×