日本発キットカット抹茶味、ヨーロッパへ スイス・ネスレ発表

Nestlé

スイスの飲食料大手ネスレは19日、チョコレート菓子「キットカット」抹茶味をヨーロッパで販売開始すると発表した。抹茶味は15年前、ネスレ日本が開発した。

このコンテンツは 2019/02/20 11:58
Keystone SDA/sb

ヨーロッパ市場向けのキットカット抹茶味は、独ハンブルクで製造する。日本と中国産の抹茶、国際認証機関UTZの認証を受けたカカオ豆を使用する。人口着色料、保存料は使用しない。米ブルームバーグによると、販売国はドイツ、英国、イタリア、スイスを含めたヨーロッパ8カ国で、その後、拡大を目指す。

ネスレは19日の発表で、「キットカット抹茶味は、日本で長年にわたり販売されてきた。日本に350種類以上あるフレーバーの中でも、最も人気が高いものの一つ。(中略)ギフトとして、ユニークなお土産として観光客にも親しまれている」とし、「新しいトレンドを求める消費者の声が欧州で高まっている。2018年に発売したキットカット・ルビーに続き、抹茶味はそうしたニーズに応えるためのものだ」と、ヨーロッパでの発売理由を説明した。

>>「第4の」チョコレート「ルビーチョコレート」がキットカットに

今月下旬から販売開始予定。

ネスレの昨年の菓子部門の世界売上高は80億フラン。うちキットカットは10億フラン以上を占める。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する