Navigation

Sulzer Medicaの人工骨盤に欠陥、患者1850人が要再手術

欠陥が見つかった Inter-Op Shell Keystone Archive

Sulzer Medica(本社ウィンタートゥール)の米現地法人Sulzer Orthopedics(テキサス・オースチン)製造の人工骨盤に欠陥が見つかり、移植を受けた患者1、850人に再手術が必要とされる。

このコンテンツは 2001/06/14 11:29

Sulzer Orthopedics社の人工骨盤Inter-Op Shellに欠陥が発見されたのは、昨年12月だ。同社は一部のInter-Op Shellの表面に鉱物油をベースとした潤滑油の残余を確認、骨と人工骨盤の接合を妨げる原因になるとしてリコールを表明した。4月末までに米国で起こされた訴訟は522件。リコールに伴う再手術費用は約10億スイスフランとされるが、保険で全額補填されないと発表されたことから12日スイス株式市場でのSulzer Medica株は過去1年の最安値(131.75スイスフラン)まで下げた。Sulzer Medicaは、再発防止のため製造プロセスを変更し、他の製品のチェックも厳重にすると発表した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。