ホーム

チューリヒ動物園 チューリヒの赤ちゃん象 素敵な名前を投票で

先月25日にゾウの赤ちゃんが誕生したチューリヒ動物園は、赤ちゃんの名前を3つの候補「Reshani」「Rischu」「Ruwani」の中から選定すると発表した。候補の名前は、赤ちゃんの祖母の出身地スリランカにちなんでいる。(Zurich ...

Warm relations: the historic 1985 meeting in Geneva between US President Ronald Reagan and Soviet General Secretary Mikhail Gorbachev helped break the Cold War ice

国際都市ジュネーブ 予測不可能なトランプ政権、ジュネーブに不安募る

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任し、国際機関が多く集まるジュネーブでは不安の声が聞かれる。トランプ政権がジュネーブにある国連事務所や他の国際機関にどのような影響を及ぼすのか予想がつきにくいためだ。今後の予測が難しい今、「国際都市ジュネーブ」が米国と歩んできたこれまでの歴史を振り返ってみた。...

特集

ダンサーの登竜門

バレエを始めた人なら誰もが憧れる若手ダンサーの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール」。本特集では過去のコンクールから最新ニュースまでを取り上げる。内容はコンクール結果、芸術監督、振付家や参加者へのインタビュー、ビデオ、写真のルポなど多岐にわたり、同コンクールの魅力を最大限に伝える。ライブ配信...

あなたならナンバープレートを15万フラン(約1600万円)で買いますか?

オークションで21日、「VS 1」と書かれた車のナンバープレートに最高額がつけられた。しかし、オークション終了期間まであと3週間あるため、さらに高値が更新される可能性もあるという。

「VS」とは、スイスでは南部のヴァリス(ヴァレー)州のことを指すのだが、入札者にとってこのイニシャル「VS」は、何を意味するのだろうか?
Very Special(とっても特別)、Vain Show-off(無駄を見せびらかす)、それともファッション・ブランドの Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)?

写真ニュース

特集

直接民主制

特集

「私たちは在外スイス人」

グローバル化が進み、多くのスイス人が海外に拠点を置いて生活しています。 現在、スイス人口の10%に当たる約76万人のスイス人が国外に在住。多くの人が、スイス近隣の欧州諸国に住んでいます。 ...

Der Handel mit Pässen ist lukrativ - Malta profitiert besonders stark.

国籍の売買 旅券ビジネス市場を席巻するスイス人

Marco Brunner, Handelszeitung

チューリヒの法律家クリスティアン・ケーリン氏がビジネスとして扱っているのは国籍だ。大繁盛のこのビジネスを維持するため、ケーリン氏はあらゆる方面に飽くことなく働きかける。 ...

雪見路線を走るパノラマ車窓の「スイス氷河特急」

スイス・アルプス絶景の雪見路線サンモリッツ~ツェルマット 世界一遅い特急列車「スイス氷河特急」でパノラマ車窓の旅をじっくり楽しむ

  雄大なスイス・アルプスの絶景をゆったりと満喫できる赤い列車「氷河特急」。「特急列車」という名前とは裏腹に、平均時速34kmという「鈍行」で、サンモリッツとツェルマット間の壮大な雪景色の中を8時間かけて走る。 ...

第34会期人権理事会で演説をするグテーレス国連事務総長。ジュネーブの国連欧州本部で27日に撮影。

欧州国連本部ジュネーブ 人権理事会 米新政権や金正恩政権下で、後退しかねない人権への取り組み

トランプ新政権や金正恩政権の動きが、27日からスイスのジュネーブで開催されている国連の人権理事会で注目を浴びている。国際的な人権問題に対する取り組みが後退するとの懸念があるからだ。それと同時に、改めて人権理事会の仕組みの弱点が浮き彫りとなっている。 米国、 ...

今年二度目の連邦大統領を務めるドリス・ロイトハルト氏

2017年の連邦大統領 ドリス・ロイトハルト大統領「スイスは人権国家」

スイスの大統領職は輪番制。今年はドリス・ロイトハルト環境・運輸・エネルギー・通信相がその任務を負う。ロイトハルト連邦大統領はスイスインフォとの単独インタビューで、「スイスでは国民も決定に参加し、政府を批判する。そういう点では、スイスの政治は検閲が当たり前になっている国に比べると大きな成果を収め...

データ分析 スイスの中流階級について知っておくべき六つの事柄

国民投票で法人税改正法案が否決されたことを受け、政府に「ノー」を突きつけたスイスの中流階級に再び注目が集まっている。スイス社会の3分の2近くが中流階級とされるが、今日「中流階級」とは何を意味するのだろうか?2013年に連邦統計局によって行われた大規模調査のデータから、現代の中流階級の顔を探って...

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(右)の異母兄である金正男氏(左)は、なぜ毒殺されたのか?急死をめぐって様々な憶測が飛び交う

キムジョンナム殺害事件 金正男氏のスイス時代の友人、毒殺の理由を推測 ジュネーブ地元紙に語る

金正男(キムジョンナム)氏とは80年代からジュネーブで学友だったというアントニー・サハキアンさんによると、正男氏は政権奪取の野心は持っていなかったが、身の危険を感じていたと話す。その人物像を語るスイス地元紙は、マレーシアでの殺害事件は、中国が支援する正男氏が北朝鮮の指導者となるのを恐れた何者か...

伝統と風習 珍しい2カ国共同開催のカーニバル 「シュテットレ・ファスナハト」

ラウフェンブルクという町は、国境を挟んでドイツ側とスイス側に分かれている。この二つの町は、数百年も前からカーニバルの共同開催を通じて互いの結びつきを保ってきた。2014年、シュヴァーベン・アレマン地方一帯のカーニバルがユネスコ無形文化遺産に指定されたが、このユニークな伝統を持つラウフェンブルク...

スイスの連邦主義は、国民投票において人口の少ない州を保護する

連邦主義 国民の9%の反対で否決?スイスの一票の格差、連邦主義の代償

米国のドナルド・トランプ新政権が始動した。大統領選では対抗馬のヒラリー・クリントン氏が得票数を上回ったにも関わらず、当選したのはトランプ氏という逆転現象が起きた。背景には、連邦主義に基づく選挙制度により、国民一人当たりの票の重みが州ごとに異なる「一票の格差」が深く関係している。一票の格差は日本...

弾薬。売り上げは減少しているが、依然として大きなビジネスとなっている

武器輸出 昨年のスイスの小型武器輸出先、仏と米が最多

連邦経済省経済管轄局(SECO)は21日、スイスが2016年、拳銃などの小型武器を輸出した最大の相手国はフランス、次いで米国だったとの統計結果を発表した。輸出総量は減少したものの、輸出相手国は70カ国に上る。 ...

シャトーデー国際熱気球フェスティバル アルプスの空高く スイスの熱気球とその歴史

スイスには熱気球にまつわる豊かな歴史がある。スポーツ・娯楽としての熱気球は人気で、今年1月20~28日まで開催されたシャトーデーの国際熱気球フェスティバルには、15カ国から集まった70人のパイロットが参加した。(Julie Hunt/SRF/swissinfo.ch) ...

依存症に関するデータ スイスでは4人に1人が喫煙者 では他の国は?

依存症の対策・支援に取り組むスイスの公益財団「アディクション・スイス」が発表した最新の年間報告によると、スイスでは4人に1人が喫煙し、5人に1人が健康を害するほど過剰にアルコールを摂取しているという。同団体はまた、スイス政府が特定利益団体の保護を優先しており、問題に対する十分な取り組みをしてい...

シリーズ「私たちは在外スイス人」 故郷を離れなければならなかったスイス人女性フリークライマー

Kristian Kapp

ニナ・カプレツさんは、世界でも指折りのフリークライマー。30歳のスイス人フリークライマーとして活躍するカプレツさんにとって大切なのは、もはや競技会への参加やランキングではなく、女性クライマーがまだほとんど制覇していない絶壁への挑戦だ。自らが選んだ道を突き進むため、8年前にスイスを離れてフランス...

スイスの貿易 金取引の隠れた拠点

スイス名産といえば時計やチョコレート、チーズが筆頭だ。ほとんど知られていないが、スイスが世界最大の金の貿易国であることを踏まえると、金もそれに加えるべきかもしれない。2016年の金の輸出額は全体の4分の1以上を占め、製薬産業を上回った。だがその事実は政府の公式統計には表れていない。 ...

スイス学生連盟は、難民が大学に入学しやすくなるよう支援活動を行っている
ヨットから手を振るルーラさん。2016年11月6日撮影

国籍取得手続き スイス国籍を取得するには?

スイス国籍を取得しようと考える人は多いが、そう簡単に国籍は取得できない。誰に申請資格があるのか?国籍取得への早道は?費用は?スイスインフォが解説する。 「スイス国籍を取得したいのですが、来週そのための面接を受けられますか?」 ...