ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス初のエベレスト写真 1956年のスイス隊エベレスト遠征

1956年にエベレスト登頂を成し遂げたスイス隊のメンバーに、デルフ・ライストがいる。遠征の様子をカメラに収め、山岳写真家としてもその才能を発揮した。

2000年に享年79歳で亡くなったライストは小柄ながら、多様な才能を持ち合わせていた。戦後の登山家および山岳写真家としてはリーダー的存在であり、写真集も数多く出版。また雄弁家としても活躍していた。

スイス各地で開いた講演会には、若い人から年配者まで多くの人が駆け詰めた。ライストの収入はこうした講演がそのほとんどを占めた。

現在のトップ登山家はハイテクなマルチメディア技術を駆使し、スポンサーも登場するイベントを開催しているが、ライストはそんな彼らのモデルになったといわれている。

(文・Renat Kuenzi、swissinfo.ch 写真・Dölf Reist、スイスアルプス博物館)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。