ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

賃金の不平等 スイス男女間の賃金格差 わずかに拡大 

woman eating at desk

給料が低いと外食もままならない

(© KEYSTONE / GAETAN BALLY)

スイスの男女間の賃金格差がわずかに拡大し、毎月平均して数百フランの差が出ていることがわかった。連邦統計局他のサイトへが先月29日、男女間の賃金格差に関するレポートで明らかにした。 

2016年の男性の収入は女性より19.6%多かった。12年の19.5%と比較すると若干格差が広がっている。格差の理由として就業時間の長さや資格の多さが挙げられる一方で、理由がなくても女性の給料が低いケースが全体の4分の1を占めた。 

具体的な金額を挙げると、16年、女性は全く同じ資格を持つ男性よりも月額657フラン(約7万2300円)少ない。12年は585フラン少なかった。 

新法の導入 

昨年12月、国会で新しい法律が承認されたが、男女間の賃金格差に今後どのような影響を与えるかはまだ不明だ。従業員数が100人を超える企業は今後、賃金が男女平等かどうか定期的にチェックを行い、その結果を社員と組合に報告する義務が生じる。 

同報告書によると、仕事の種類でも給与の格差は異なった。飲食業・宿泊業・サービス業などの部門では327フランであるのに対し、金融業・保険業部門では1300フランと差が開いた。賃金格差は若年労働者間でより顕著に見られ、30歳未満では58%、30〜49歳では43.5%で格差が認められた。 50歳以上では36.6%だった。 

統計局はまた、「役職が上がればそれだけ男女間の賃金格差も大きくなる」としている。最低賃金のセグメントでは女性の、最高賃金のセグメントでは男性の雇用が多かった。 

2016年、民間部門においてフルタイムの総賃金支払い額が月4千フラン未満の雇用は、女性が6割以上を占めていた。月8千フラン以上の雇用では女性の割合が28.2%、1万6千フラン以上の雇用では女性の割合はわずか18%だった。この値は12年と比較し、わずかに改善していた。

Keystone-SDA/sm

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。