主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

男女平等を求めて スイスの女性ストライキに50万人が参加

男女間の賃金格差是正や職場でのハラスメント根絶を求め、スイス各地で行われた14日の女性ストライキは、計50万人が声を上げた。歴史的規模になったストライキを写真で振り返る。  ...

テスト飛行に間に合わず スイスの戦闘機購入計画 グリペンEが脱落、F35Aなど4機へ

スイス連邦政府が進める戦闘機購入計画で、スウェーデン・サーブ社のJAS39グリペンEが、スイス空軍基地で今月末に予定している候補機のテスト飛行に参加しないことになった。グリペンEは候補機レースから脱落、F35Aを含む4機に絞られた。

このコンテンツは2019/06/17 10:57に配信されました

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

どっちがホンモノ? スイスに2つ目のベネズエラ大使館が誕生

ベネズエラの政情不安がスイスにも波及している。首都ベルンと国際都市ジュネーブにある2つの大使館が、ともにベネズエラを代表すると主張している。

セクハラ根絶 スイス各地で14日、全国的な女性ストライキ始まる 賃金格差是正など訴え

スイス各地で14日、男女間の賃金格差是正、職場でのハラスメント根絶などを訴える大規模な女性ストライキが始まった。

このコンテンツは2019/06/14 9:55に配信されました

数字で見る性差別 スイスの男女間格差

スイスでは男女平等が憲法で保障されている。これは1981年6月14日の国民投票で有権者が勝ち取った権利だ。ところが可決から38年経った現在でも、この権利は実現されていない。スイスの日常生活における男女格差を示す5つの重要な指標を以下にまとめた。

国際労働機関(ILO) ILO創立100周年記念総会 仕事をとりまく未来に必要なものとは

未来の仕事像とは―?スイス・ジュネーブに本部を置く国際労働機関(ILO)は、創立100周年を記念する今年の年次総会で、職場での暴力やハラスメントから労働者を守るための条約の採択を目指す。

国際労働機関 ILO総会開幕 職場のセクハラ、男女の賃金格差是正が焦点

国際労働機関(ILO、本部ジュネーブ)の年次総会が10日、スイス・ジュネーブで始まった。スイスのアラン・ベルセ連邦内務相は開会演説で、加盟国が男女の賃金格差是正に向け更なる努力を講じるよう呼び掛けた。総会では職場でのセクハラや暴力を禁止する初めての国際条約が制定される見通しだ。

このコンテンツは2019/06/11 10:44に配信されました

マウラー大統領が来日、安倍首相と首脳会談へ

福岡市で8、9日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に、スイスのウエリ・マウラー連邦大統領兼財務相、スイス国立銀行(中銀)のトーマス・ジョルダン総裁が出席する。マウラー大統領は10日、東京で安倍晋三首相と会談する。

このコンテンツは2019/06/07 11:57に配信されました

コラム「2019年スイス総選挙」 キャスティングボートを握る中道派

今秋のスイス総選挙で躍進しそうなのが、中道派の「自由緑の党」だ。環境と経済を重視する同党は、3月のチューリヒ州議会選挙で勝利を収め、国政選挙でも議席を伸ばす可能性がある。近年では政党間でイデオロギーの差が広がっており、自由緑の党には政党間の調整役が期待される。

アーカイブ映像 スイス人の見た天安門事件

今から30年前。チューリヒ空港には多くのスイス公共放送の記者が集まり、中国から帰ってくるスイス人を探していた。1989年6月4日、北京の天安門広場や他の都市で起こった政治弾圧の目撃者から証言を得るためだ。

米イラン関係 スイス、米国にイランへの人道支援促進を要請

スイスのイグナツィオ・カシス外相はマイク・ポンペオ米国務長官と2日会談し、米イラン関係の緊張緩和に向け、米国に対しイランへの人道的援助を促進するよう要請した。

このコンテンツは2019/06/03 13:47に配信されました

冷戦の遺産 米国務長官も参加 完全非公開のビルダーバーグ会議って?

スイス・モントルーで5月末、西側諸国の政府首脳や企業代表が集まり完全非公開の「ビルダーバーグ会議」が開かれた。一体この会議は何なのか?

2019年の選挙にどう反映されるか スイス人の心配事 「年金」がトップ

スイス人にとって最も心配な5つの問題とは?毎年スイスの有権者にこの質問をするようになって25年以上が過ぎた。統計を見ると、スイス人の胸の内が見えてくる。

政治家のリスク 日常的な脅迫、スイス議員の6割が経験

スイスの連邦議員はリスクの高い職業のようだ。スイスの連邦議員の6割が日常的に脅迫を受けており、8割近くが常に中傷を受けていることがフランス語圏のスイス公共放送(RTS)の調べで分かった。特に女性議員はこうした攻撃の的になるリスクが高い。

直接民主制 16歳の選挙権、賛成?反対? 若者の意見

スイスでは先月、多くの生徒が気候変動対策を求めてストライキをした。より強く政治に関わるために16歳から選挙権を与える案も浮上するが、若者の間でも賛否は分かれる。

スイス軍のお買い物リスト スイス軍が将来の脅威に備えて買いたいもの

スイス軍は、将来の脅威に備えるための「ショッピングリスト」を発表した。リストの一番上に来たのは、古くなって買い替えが必要な戦闘機。地対空ミサイルや地上部隊も、将来の「ハイブリッドな脅威」に対応するため近代化が必要だという。

命の尊厳 台湾の有名司会者がスイスで安楽死 その後台湾で起こった大きな運動とは

台湾のスポーツキャスターで有名テレビ司会者、傅達仁(フー・ダーレン)さんは、スイスの自殺ほう助機関のサービスを受け「安楽死」をした初めてのアジア人だ。台湾ではこの春、自殺ほう助の合法化を国民投票で実現しようという動きが起こったが、有権者の支持を得られなかった。だが関係者はあきらめてはいない。

スイスの軍事 スイス政府、総額6千億円の戦闘機購入計画を国民投票へ

日本では安倍晋三首相がF35戦闘機の大量購入をトランプ大統領に表明したとして物議を醸したが、遠く離れたスイス連邦内閣は戦闘機と迎撃ミサイル購入計画のうち、内閣は総額60億フラン(約6600億円)の戦闘機購入だけを国民投票にかけることを決めた。

このコンテンツは2019/05/28 9:32に配信されました

米中貿易戦争 ファーウェイ、スイスに研究拠点を開設へ 千人を雇用

中国・華為技術(ファーウェイ)がスイスに研究拠点の新設を検討していることが明らかになった。 ...

2019年スイス連邦議会総選挙 外交で優先すべきは人道か、経済か スイス主要5党に聞いた

スイスは人道主義の伝統を重んじるが、経済的利益への関心も高い。そのため人道か経済のどちらを優先すべきかを巡り、価値の対立がたびたび起きている。この傾向は最近特に顕著だ。スイスが判断に迷った際、どちらを重視すべきかについて、主要政党5党に聞いた。 

高齢化社会 スイス・ベルン州と奈良県、高齢化社会対策で共同プロジェクト立ち上げへ

スイス・ベルン州は22日、友好提携協定を結ぶ奈良県と高齢化社会対策の共同プロジェクトを立ち上げると発表した。スイスでも高齢化が進み、対策が急務となっている。このためベルン州は5月、奈良県に専門家を派遣。共同プロジェクトの第一段階として、最先端の研究を行う「高齢化社会のイノベーション」研究所の構...

このコンテンツは2019/05/24 11:51に配信されました