ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

SEBA 世界初の仮想通貨銀行がスイスで営業開始

SEBA building

SEBAは「クリプト・バレー(暗号の谷)」と呼ばれるツーク州に本社を置く

(SEBA)

世界初の仮想通貨銀行SEBAが12日、スイスのツーク州で開業した。年末までに3ケタの国内口座の開設を狙い、世界展開と1億フラン(約110億円)の資金調達を目標にする。

スイス連邦金融市場監督局(FINMA)は8月、ブロックチェーンを活用したデジタル資産を扱うSEBAとSygnumに銀行免許を与えた。追加の営業基準を満たし、SEBAが公式に営業を始めた。

SEBAのグイド・ビューラー最高経営責任者(CEO)は多数の「強い関心」が寄せられていることから、数週間で数百口座が開設される見込みだと話す。関心を寄せるのは仮想通貨トレーダーに限らない。ビューラー氏は12日、「既存銀行の代替的なサービスを探している人が多いのに驚いた」と記者団に語った。マイナス金利政策を背景に運用益が下がり、他の投資先を探さざるを得ない人々がいるという。

来年上半期には、これまで民間投資家から集めた資金1億フランを大幅に増やしたいと考えている。デジタル証券を発行する「セキュリティー・トークン・オファリング(STO)」と呼ばれる資金調達手法を活用する。

ビューラー氏は追加で1億フラン以上を調達できると見込む。デジタル資産のみで資金調達することにより、STOの水準を引き上げるとも語ったが、詳細は明かさなかった。

新しい銀行業

元UBS行員のビューラー氏は、SEBAが暗号資産と伝統的な銀行業界のギャップを埋めることになると話す。スイスアルプスの山中にある軍事核シェルターにデータセンターを置き、デジタル資産の取引やウェルスマネジメント、カストディ(保管管理)業務を提供する。

口座開設には最低10万フランの流動資産を保有していることが条件だ。基本手数料は約500フラン。クレジットカードや仮想通貨用のウォレットを使ってビットコインやイーサリアム、ステラ、ライトコイン、イーサリアム・クラシックといった仮想通貨の取引が可能だ。

SEBAは来年以降、シンガポール、香港、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、ポルトガル、オランダにサービスを展開予定。

スイスではSEBAの他にビットコインスイス、タリオン、イニシウム、ヤペールが銀行業許可を申請している。

フィンテック 世界初の仮想通貨銀行 透けて見えるスイスの意地

スイス金融当局から銀行業の許可を得て、世界初の仮想通貨銀行への一歩を踏み出したSygnum。仮想通貨と従来型金融の世界をつなぐ架け橋になる、と創業者たちは業界の盛り上がりに期待を寄せる。暗号資産分野で世界の主導権を握りたいスイスにとっても大きな節目となりそうだ。

swissinfo.ch/mga

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。