Navigation

クリスマスのイルミネーションへの思い入れ

もうすぐ見納め クリスマスのイルミネーションに市民の思い入れはことのほか深い。 Keystone

チューリヒのクリスマスシーズンは高級ブティックが並ぶバーンホフ通りのイルミネーションで始まる。2万個以上の豆電球が天の川のように1.1Kmの通りを照らす。30年以上同じデザインでメイン通りを照らしてきたイルミネーションにチューリヒ市民が託す思いは特別である。

このコンテンツは 2003/12/02 15:12

2005年からはコンピュータ制御によるモダンなイルミネーションに世代交代するというニュースに賛否両論が沸騰。あと2年で見納めとなれば、ノスタルジーも増す本年のクリスマスである。
スイス全国のクリスマスは、このサイト上のマルチメディアでご覧下さい。

クリスマスから逆算して4番目の日曜日。チューリヒのクリスマスシーズンが始まる。年々早まるクリスマス商戦とは異なり、この4週間は特別にアドベントと呼ばれ、宗教と伝統に裏付けられたものである。ガラス球や木の実やヒイラギの葉などで飾られたリングの上に4本のろうそくを立て、アドベントの期間、日曜日ごとにろうそくに灯を灯(とも)す。日ごとに、来るクリスマスを心待ちにする。

チューリヒではクリスマスは4週間前から始まる。年々早まるクリスマス商戦とは異なり、この4週間は特別にアドベントと呼ばれ、宗教と伝統に裏付けられたクリスマスシーズンのスタートである。ガラス球や木の実やヒイラギの葉などで飾られたリングの上に4本のろうそくを立て、アドベントの期間、日曜日ごとにろうそくに灯がともる。こうして、来るクリスマスを心待ちにするのだ。

シンプルで魅力的

アドベントが始まると、チューリヒ市内の繁華街、バーンホフ通りも本格的にクリスマスの装いとなる。1.1Kmに渡る通りを歩くショッピング客や観光客、近くに勤める銀行マンたちの頭上を2万個の豆電球が照らす。電球の間を雪片が舞い降りる。これがまさにチューリヒのクリスマス。簡素なイルミネーションは、1971年からの伝統で、チューリヒ市民に親しまれてきた。

イルミネーションはバーンホフ通り商店街連合が運営している。

新しいイルミネーションのロマンチック度

バーンホフ通り商店街は、30年以上続いたイルミネーションに終止符を打ち、05年からはコンピュータ制御のイルミネーションに代えると発表し、論議をかもし出している。

新しいイルミネーションは、8メートルの長さのアルミニウムの棒に発光剤を入れたもの。通りの端から端まで350本で埋め尽くされる。雲が空を動くイメージの光のデザインで、コンピューター制御となる。期間の始めは弱い光を放つが、クリスマスが近くになるにつれて、だんだん明るい光となる。しかも、通りの混み具合により、通行者が少なければ簡素な光、多ければ遊び心があり変化も激しいデザインのイルミネーションとなるという。

設置に掛かる費用は230万フラン(およそ2億円)で、年間運営費9万フランは(765万円)。これまで、20世帯の1年間の電気消費量を要したが、新技術によりメンテナンスはこれまでの半分になる。

商店街連盟のマルクス・フユーニ会長によると、
「会員は協力的で、設置費用はすべてカバーできた。向こう20年は新しいデザインのイルミネーションを続けるつもり」
と、IT時代のデザインに満足しているという。 一方、9月26日付の日刊紙「ターゲスアンツァイガー」には、
「クリスマスはしっとりしたもので、伝統を重んじるもの。これではまるっきりラスベガス」
と伝統の豆電球が消え去ることを惜しむ声も紹介された。

スイス国際放送 佐藤夕美 (さとうゆうみ)

補足情報

<これまでのイルミネーション>

- 2万6千個の豆電球。

- クリスマスシーズンから新年まで約5週間にわたり毎日9時間以上付けっぱなしの電気量は20世帯の1年間の消費量に匹敵。

新しいイルミネーション>

- 8メートルの長さのアルミニウムの棒コンピュータ制御で放つ光が変化。

- 導入費用230万フラン(2億円)年間運営費9万フラン(765万円)。

End of insertion

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。