ローザンヌでクリスマスマーケット

Keystone/Jean-Christophe Bott

直径12メートルの巨大シャンデリアを舞台に音楽隊やアクロバットが観客の頭上を舞う。スイス西部、フランス語圏ローザンヌのクリスマスマーケット「ボ・ノエル(BÔ NOËL)」が開幕した。

待降節の始まりを告げるショーは、仏ノルマンディー地方を拠点とするパフォーマンス集団「トランス・エクスプレス」が企画した。大晦日の晩までサン・フランソワ広場、プピネ広場、グラン・ポンの橋の下で、童話の朗読やコンサート、ワインの試飲会などが開かれる。マーケットではクリスマス用品のほか地域の特産品や美術品も売られている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する