Navigation

スイスの英雄ウィリアム・テルがアメリカ進出

テルの妻はチャップリンの孫娘 Keystone

ハリウッド映画「ウィリアム・テルの冒険 ( The Adventures of William Tell ) 」のロケ場所は、オリジナルにのっとって中央スイスとなる予定。

このコンテンツは 2008/05/09 09:13

制作費は6000万ドル ( 約62億円 ) 。テルの妻ヘートヴィヒ役を演じるのはチャーリー・チャップリンの孫娘のキエラ・チャップリンだ。

テルを演じるのは?

キエラ・チャップリンはスイスで育った。これまでに「まじめが肝心 ( The Importance of Being Ernest ) 」や「日本 ( Japan ) 」などの作品に出演している。

プロデューサーは、「ブルー・ベルベット」、「ラット・パック」、「ゴッドファーザー」などの制作で知られるハリウッドのフレッド・カルーソ氏。今回はD.コンスタンティン・コンテ ( 「ボーン・イエスタディ」 ) との共同制作だ。

ロケ地となる中央スイスにある町ルツェルンは、国際テレビ番組フェスティバル「ローズドール ( Rose d’Or ) 」の開催地。このフェスティバルディレクターを務めるアーバン・フライ氏が、ロサンジェルス滞在中にカルーソ氏と会い、ウィリアム・テルを映画化してはどうかと提案した。

監督はイアン・クイン氏が務めることになりそうだ。脚本はスイス人のコルネリウス・シュレグレ氏、音楽はルドヴィヒ・ヴィッキ氏が担当する。主役のウィリアム・テルを誰が演じるかはまだ発表されていない。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。