Navigation

スイスパビリオンで一休み。エキスポ2000

ドイツ・ハノーバーで開催中のエキスポ2000。スイスパビリオン「スイス サウンド ボックス」には、他のパビリオンにあるような、大音響のビデオショーやマシンがなく、ビジターは静かな空間で一息つける。

このコンテンツは 2000/06/13 16:11

ドイツ・ハノーバーで開催中のエキスポ2000。スイスパビリオン「スイス サウンド ボックス」には、他のパビリオンにあるような、大音響のビデオショーやマシンがなく、ビジターは静かな空間で一息つける。

屋根のない木造のスイスパビリオン(写真)は、エキスポ2000の公式テーマ「人類、自然、テクノロジー」の企図にそい、安らぎとくつろぎのための静かなコーナーを提供している。

スイス人建築家Peter Zumthor設計のパビリオンは、角材を交互に積み重ねて建設された。釘、ボルト、接着材は一切使用されていない。エキスポが終わったら、解体され、傷付かなかった角材は、建築用資材として再利用される。

そんなパビリンの中で、「テクノロジー」を表現するのは、コーナーごとに設置されたコンピューターだ。Zumthorは、典型的なスイスの景色、情緒、伝説を呼び起こすような文学作品の引用、諺などのコラージュを木材の壁に写し出すため、250space-ageプロジェクターを使用している。

また、ビジターはエメンタールチーズ、ヒルシュザルズィツHirschsalsiz(鹿肉サラミ)など、スイスの味を試すことができる。さらに、毎日12時間、民俗楽器によるライブが行われる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。