Navigation

スイス司教議会、米に中東和平仲介を要請

イスラエル兵の銃の先は聖誕教会(ベツレヘム)。内部ではパレスチナとイスラエルの代表による交渉が行われている、4月24日。 Keystone

スイス司教議会のアメデー・グラブ議長は、ブッシュ米大統領に中東和平の仲介を要請する書簡を送った。

このコンテンツは 2002/04/26 09:47

グラブ・スイス司教議会議長はブッシュ米大統領に宛てた書簡で、米の政治力を行使しパレスチナ紛争の政治的解決策を打ち出すよう要請した。グラブ司教は、イスラエルとパレスチナの憎悪の根源に訴えかける強い意志がなければ、中東に平和は来ないとし、パレスチナ人の自爆攻撃もイスラエル軍事侵攻も平和への道を開くものではないと、全ての暴力を否定した。さらに、グラブ司教はブッシュ大統領に対し、イエスキリストの生誕地とされるベツレヘムの聖誕教会など、どの宗教のものであろうと宗教上の聖地を尊重し保護することを保証するよう要請した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。