ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

バレエ ローザンヌ国際バレエコンクールのディレクター、辞任へ

シェリー・パワー氏

芸術監督と最高経営責任者を兼任するシェリー・パワー氏

(Melissa Fitzgerald)

若手ダンサーの登竜門として世界的に有名なローザンヌ国際バレエコンクールの芸術監督で最高経営責任者のシェリー・パワー氏が、家庭の事情により、来年2月第46回目のコンクール開催終了をもって辞任する。20日、同コンクール実行委員会会長が発表した。

 パワー氏は昨年9月、ディレクターに就任。来年1月28日から開催される第46回コンクールの選考方法を改定し、参加資格の下限を従来の15歳から14歳6カ月に引き下げ、さらに若いダンサーの参加を可能にした。また、課題演目には新しいバリエーションを導入した。

 最近では中国の遼寧バレエ団他のサイトへ遼寧バレエ学校他のサイトへを同コンクールのパートナーにするなど、アジアのバレエスクールとの関係強化に力を注いでいた。

 パワー氏は辞任後、米ペンシルバニア州のフィラデルフィア・バレエ団の最高責任者となる予定だ。

キャサリン・ブラッドニー氏

(Prix de Lausanne)

 一方、キャサリン・ブラッドニー氏が、次回のコンクールでは監督補佐として参画し、パワー氏の離任後は暫定的に芸術監督と最高責任者を務める。ブラッドニー氏は、ベジャールバレエ団の元プリンシパルで、夫のイゴール・ピオヴァノ氏と共にローザンヌ市内に創立したIgokatダンスアカデミー他のサイトへのディレクター。近年はスイスで振付家として活躍し、過去10年間はローザンヌ国際バレエコンクールで審査員を務めた。

 広報担当によると、パワー氏の後任が任命されるまでブラッドニー氏が監督代理を務めるが、現時点ではパワー氏の後任の候補者はいないという。


ローザンヌ国際バレエコンクール他のサイトへ

正式名称はPrix de Lausanne(プリ・ド・ローザンヌ)。スイス西部のヴォー州ローザンヌで1973年から開催されている。14歳6カ月~19歳未満の若いダンサーを対象にした世界最高の国際コンクールの1つで、若いダンサーの登竜門とも言われる。

来年は、2018年1月28日から2月4日まで開催され、決勝は3日に行われる。予選を通過した78人が参加し、日本からは10人が出場する。入賞者は、希望するバレエ学校かバレエ団で1年間研修でき、奨学金が与えられる。

インフォボックス終わり

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×