Navigation

世界経済フォーラム、アラファト議長招待取り消し

アラファト議長 Keystone

31日からニューヨークで開催される世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)は、アラファト・パレスチナ自治政府議長の招待を取り消した。アラファト議長がフォーラム年次総会に招待されないことは初めてだ。

このコンテンツは 2002/01/30 07:16

世界経済フォーラム(WEF)のクラウス・シュワブ総裁は、「ウォールストリートジャーナル」紙に、アラファト議長の招待取り消しの決定について「今は特定の個人の役割を強調しすぎないことが重要だ。」と述べた。

シュナイダーWEFディレクターは、招待取り消しの経緯について次のように語った。WEF事務局はアラファト議長とシャロン・イスラエル首相に、米同時多発テロが起きた昨年9月11日以前に2002年総会への招待状を送った。が、パレスチナ人の自爆テロとイスラエル軍の報復攻撃の応酬が続き混迷を極める中東情勢のため、シャロン首相が欠席を決定した。その後、パレスチナとの合意の元でアラファト議長の招待取り消しを決定した。「我々はイスラエル、パレスチナ双方の代表の平等を保つことに留意した。」とシュナイダー氏は述べた。

実際、招待されてもアラファト議長が出席できたかどうかは定かではない。アラファト議長は昨年末から、イスラエル軍によってヨルダン川西岸パレスチナ自治区ラマラの議長府に軟禁されている。

ウォールストリートジャーナル紙は、WEFがアラファト議長招待取り消しを決定したのは、議長がニューヨークに来た場合には大規模なデモを引き起こす可能性があることを恐れたからだとした。これに対しシュナイダー氏は、WEFはアメリカ人の圧力に屈したからではないと述べた。

アラファト議長の招待を取り消したWEFは、パレスチナ評議会のアーマド・クゥレイ氏はじめシュワブ総裁が「明日のアラブのリーダー達」と称する40人をアラブ諸国から招待した。が、ハサン・ラーマン・パレスチナ自治政府ニューヨーク首席代表は、「アラファト議長の招待取り消しは大変残念だ。世界経済フォーラムの招待は、イスラエル・パレスチナの政治問題に左右されるべきではなかった。」と述べた。クゥレイ氏が出席するかどうかについては、まだ判明していない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。