Navigation

仏国境で洞窟ツァーの学生グループ遭難

洞くつの排水作業をする救助隊 Keystone

16日夜からスイス西部仏国境のドゥー川流域地方で、洞窟ツァーのスイス人学帥Oループが行方不明になっている。ガイド1人、学垂V人の一行は、Goumois付近の「Bief Paroux」と呼ばれる洞窟内にいたところ土石流が発垂オ、閉m桙゚られた。現場では、130人の救助隊が救出作業を続けている。

このコンテンツは 2001/05/18 03:34

救急隊、警察、ダイバーら130人の救助隊は、爆薬を用いて洞窟の入り口を広げたが、ダイバーが潜水作業をするには水流が速く強すぎる上、水が暗すぎるため、ポンプで排水作業を急いでいる。学崇Bは大した装備もないため、水中で長く持ちこたえるのは困難だと思われる。

スイス洞窟調査協会のトーマス・アーベンツさんによると、ドゥー川が増水している上悪天候の予報が出ており、洞窟付近は土石流が起きやすい状況にあったが、グループは警告サインを無視した。現場付近では雨が降り続き、増水が続いているため、救出作業ははかどっていない。アーベンツさんは、洞窟の中で一行がエアポケットを見つけているかどうかが髄のカギだと言う。が、仏の専門家ジャン=ジャック・コンパニョンさんは、たとえエアポケットを発見できても水中に長時間(10時間から12時間以上)いると低体温で死亡する恐れがあると言う。

一行はチューリッヒから来た25才から35才の学垂V人(男性4人、女性3人)と、バーゼルのガイド。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。