ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

共同プロジェクト「The Sounds of…」 ベルンの連邦議事堂前広場が市場に姿を変える時

スイスの首都・ベルンにある連邦議事堂前の大きな広場は週に2日、市場に姿を変える。ギュルベ谷産のザワークラウト(発酵させた塩漬けキャベツ)、フリブール産のヴァシュランチーズ、薪窯パン、ハム――そこではあらゆるものが売られている。時には希少種のリンゴを買い求める連邦閣僚の姿も見られる。

中世の街並みを遺すベルン旧市街はユネスコの世界遺産他のサイトへに登録されている。中でも連邦議事堂前広場他のサイトへは重要な場所だ。地元のサッカークラブ、BSCヤングボーイズの国内リーグ制覇の祝勝会から政治デモ、軍の儀仗隊の国家レセプションまで、実にさまざまなイベントが開かれる。

おやつのリンゴを買う閣僚

毎週火曜と土曜の午前中に市場が開かれるのは130年以上前からの伝統だ。天気や季節にもよるが、1日に数百人もの訪問者がやってくる。

ベルン市民に交じって常連となる連邦議員もいる。休憩中にかじるためのリンゴを買う閣僚の姿も時折見られる。そしてもちろん、賑やかな市場を見に世界中からの観光客が訪れる。

「こんにちは、何に致しますか?」

インターネットで何でも買える現代、買い物客が求めているのは生産者との人間的な会話だ。時にはよもやま話に花が咲く。4人の売り子を抱える大きな八百屋、パラソルやビニールシートの影に地中海の総菜を並べるイタリア人など、夏には最大41店舗が並ぶ。

お札か小銭か?

農家のヴァルター・シュテットラーさんも市場の販売者の一人。街から9キロほど離れた場所で、妻・息子とともに農業を営む。果樹園のほか、牛や羊、馬を育てている。

一家は市場と農場での直売だけで生計を立てている。天気の良い土曜日には700キロものリンゴを議事堂前広場で売りさばくこともある。売れ行きには天気だけではなく、何日に開催されるかも影響する。「給料日の直後だと、買う量も多くなるし小銭よりお札での支払いが増える」とシュテットラーさんは語る。

共同プロジェクト「The Sounds of…」

スイスインフォは、メディアパートナーであるポーランド公共ラジオ(Polskie Radio)他のサイトへラジオ・カナダ・インターナショナル(Radio Canada International)他のサイトへルーマニア国際放送(Radio Romania International)他のサイトへラジオプラハ(Radio Prague)他のサイトへとの共同プロジェクトを進行中。今回は、各放送局が様々に異なる市場を紹介するビデオを制作した。

インフォボックス終わり

20世紀初めに創設されたハラ・ミロフスカ市場は、ワルシャワ最大の市場の一つ。ワルシャワのユダヤ人居住地区で暴動が起こった1944年、建物が爆破された。

1950年代に市場が復活し、今日は子供からお年寄りまであらゆる世代の人が集う場所になっている。観光客にも人気のこの市場で売られているのは伝統的・地域的なポーランド製品。ザワークラウトやビーツ、サワークリーム、キノコ、ハチミツ、新鮮なハーブ、チーズの燻製やソーセージなどだ。

市場はシックでモダンなホール内で開かれる。だが本当の魅力があるのは市場の古い部分だけだ。

プラハのナープラフカファーマーズマーケットは歴史ある旧市街から程近いモルダウ川(ブルタヴァ川)沿いで開かれ、新鮮な地元の食料品を求める人が訪れる。試食できる店舗も多いため、観光客にも人気だ。

チェコではここ数年、こうした定期市場の数が増えている。プラハだけでも20カ所以上。そこは共産主義時代に圧力を受けた地域の農家たちが、再び活気を取り戻す場所でもある。

ブカレストの中央市場は、中央駅であるブカレスト北駅から徒歩数分の位置にある。19世紀から商人が集う場所だったブリヴィテイ通りとブゼスティ通りの交差点に接する。

1879年の独立戦争後から精肉店を営み始めたロロエスク・マタチェさんもそうした商人の一人だった。その後有名なマタチェホールを作らせたが、すぐに壊されてしまった。当時、市場はブカレストの街外れにあった。

1948年に同市場は国有化され、ルーマニアの元共産主義指導者の名を取ってリエ・ピンティリエと呼ばれるようになった。ブカレストのドルム・タベレイ地区にあったその市場は、長いこと別の共産主義政治家にちなんでアレクサンドゥル・モギオロシュと呼ばれた。共産主義が倒れた直後にルーマニア人指揮者セルジュ・チェリビダッケの名に改名された。もちろん、どんな名前で呼ばれようと、中央市場がこれまで通り街の住民から愛される市場であることには変わりがない。

ジーン・タロン市場は1933年にモントリオールに創設され、フランスが北米に作った植民地ヌーベルフランスの初代総督を称えて名付けられた。北米最大の市場の一つで、通年で開催している。多文化を取り込んだこの市場はリトルイタリー地区に位置し、有機産品やケベック州の地域産品で知られる。

2018年の訪問者は250万人で、観光客も多い。出店しているのはほとんどが市場から50キロ圏内にある地元農家で、果物や野菜、加工品、ハーブや花を売っている。

これらの「日常の一コマ」は2018年の晩夏からクリスマスまでの間に収録された。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。