Navigation

同性カップルのパートナー登録が増加 スイス

スイスではパートナーシップ制度に登録した同性カップルが増えた Keystone

スイスで昨年、結婚した人は減ったが、パートナー登録をした同性カップルの数が増えたことが、連邦統計局の最新の調査で分かった。

このコンテンツは 2018/03/05 12:30
swissinfo.ch/ln

調査によると、昨年パートナーシップ制度に登録した同性カップルは800組で、前年に比べ6.7%増えた。

一方、昨年結婚した異性カップルは1万4900組で4.5%減少した。離婚も1万4900組で12.8%の減少。平均の婚姻期間は15年だった。

昨年の傾向に基づき連邦統計局は、昨年結婚した3組に1組は離婚すると予測。パートナーシップ制度に登録した同性カップルについては言及しなかった。

パートナーシップ制度に登録するカップルは、前年に引き続き女性同士よりも男性同士の方が多かった。しかし、こうした制度を利用する女性の数は前年比32%増と急増した。男性の数はわずかに5%減った。

昨年の子供の出生数は16年に比べ3.3%減少。合計特殊出生率は1.48だった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。