Navigation

外交もカジュアルに

1月1日就任したモーリッツ・ロイエンベルガー大統領は、典礼規則の簡略化、近代化を計画すると発表、手始めに大統領主催の新年祝賀会から、各国の駐スイス大使らは公式行事出席の際ダークスーツ着用のみが義務付けられるようになった。(写真:伝統的なモーニングコート着�

このコンテンツは 2001/01/05 10:55

1月1日就任したモーリッツ・ロイエンベルガー大統領は、典礼規則の簡略化、近代化を計画すると発表、手始めに大統領主催の新年祝賀会から、各国の駐スイス大使らは公式行事出席の際ダークスーツ着用のみが義務付けられるようになった。(写真:伝統的なモーニングコート着用の大使から念頭の挨拶を受ける1999年のドレイフュス大統領)

欧州では近年、外交官のモーニングコート着用は、極めて稀になってきた。フランスではすでに廃止されており、イタリアでも最近同様の改革を行ったばかりだ。今回スイスもこれにならったため、欧州で伝統を守り抜く希少な国は、この界隈ではドイツを残すのみとなった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。