ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

外交もカジュアルに

1月1日就任したモーリッツ・ロイエンベルガー大統領は、典礼規則の簡略化、近代化を計画すると発表、手始めに大統領主催の新年祝賀会から、各国の駐スイス大使らは公式行事出席の際ダークスーツ着用のみが義務付けられるようになった。(写真:伝統的なモーニングコート着�

1月1日就任したモーリッツ・ロイエンベルガー大統領は、典礼規則の簡略化、近代化を計画すると発表、手始めに大統領主催の新年祝賀会から、各国の駐スイス大使らは公式行事出席の際ダークスーツ着用のみが義務付けられるようになった。(写真:伝統的なモーニングコート着用の大使から念頭の挨拶を受ける1999年のドレイフュス大統領)

欧州では近年、外交官のモーニングコート着用は、極めて稀になってきた。フランスではすでに廃止されており、イタリアでも最近同様の改革を行ったばかりだ。今回スイスもこれにならったため、欧州で伝統を守り抜く希少な国は、この界隈ではドイツを残すのみとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×