大気汚染が原因で年間4000人が死亡?スイス

大気汚染が原因で早死にする人が、スイスでは4千人に上ったという Keystone

スイスでは、大気汚染が原因で年間4千人以上が早死にしているー。欧州環境機関が、こんな調査結果を公表した。

Keystone-SDA/jc

統計は欧州環境機関の調査の一部。欧州全体では40万人以上が大気汚染により早死にしているという。数値は2016年のもの。2017年に欧州約4千カ所で測定したデータを分析した。

スイスは、微小粒子状物質(PM)によるものが3700人、二酸化窒素(NO2)が620人、オゾン(O3)が240人だった。

欧州環境機関によると、早死には、その国の平均寿命と性別を考慮した年齢よりも早く死亡したケースを意味する。

同機関は、欧州は大気汚染対策で一定の成果を挙げたものの、都市部では今もなお人間の健康と環境に影響が出ていると指摘。 同機関のハンス・ブルニンクス局長は「成果は挙げている」とする一方、「エネルギー、食料生産、交通の変革をさらに促進する時期に来ている」と強調した。

欧州で大気中の微小粒子物質の濃度が最も高いのは、イタリア北部、ポーランド、バルカン半島だという。それにもかかわらず、同粒子が原因で早死にした人の数は、1990年代と比較して50万人減少した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する